The Pains of Being Pure at Heart ざ・ぺいんず・ぺいんず・おぶ・びーいんぐ・ぴゅあ・あっと・はーと

ひとことで解説すると

2007年に結成されたアメリカ・ニューヨーク出身のインディーバンド。

大事なポイント

  • [メンバー]
    • (Vo/Gt)KipBerman
    • (Gt)ChristophHochheim
    • (Dr)AntonHochheim
    • (Vo/Ba)JacobSloan
    • (Key/Vo)JessicaWeiss
  • 2007年、ブルックリンで結成され、バンド名はキップの友達が書いた未出版の子供用の本のタイトルから取られた。初めてのライブは2007年3月のペギーの誕生日パーティーで、ドラム・マシーンを使い演奏した。
  • 2007年EPを自主リリースし、Slumberlandから2008年にシングル「Everything With You」をリリースし、アンダーグラウンドの人気を得るようになった。
  • 2009年1stアルバム「ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート」をスランバーランド・レコードからリリース。
  • 1stアルバムはビルボードのヒートシーカーズ・チャートの9位を記録し、音楽メディアの年間ベストアルバムのリストではNMEで15位、ピッチフォークで19位にランクインした。
  • 2011年,2ndアルバム「ビロング」を2014年、3rdアルバム「デイズ・オブ・アバンダン」をリリースし、EPは2007年「The Pains of Being Pure at Heart EP」、2009年「Higher Than the Stars」、2012年「Acid Reflex」等をリリースしている。

「The Pains of Being Pure at Heart」の関連動画

「The Pains of Being Pure at Heart」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.