雇用保険 こようほけん

ひとことで解説すると

労働者の生活と雇用の安定を図るため、時と場合により必要な給付を行うもの。

大事なポイント

  • 失業の予防と、失業してしまった場合に再就職のための活動を容易にするべく給付を行う。結果的に就業が安定することを目的とする。
  • 1947年、失業した者の生活が安定することを目的に、「失業保険制度」が創設された。その後、雇用改善・能力開発・雇用福祉の事業がもう一つの目的として追加されたため、失業保険制度から「雇用保険制度」へと改定された。
  • 雇用保険の手続きにはかなりの時間を要するため、すぐに支給されるのは難しい。
  • 労働者を雇用する会社に、原則強制として適用される保険。しかし、退職した場合も「失業等給付」としてハローワークより給付される。
  • パートアルバイトであっても、勤務期間1年以上や週の所定労働時間20時間以上など、条件を満たす場合は雇用保険の適用が認められる。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.