邪馬台国 やまたいこく

(邪馬壹国)

ひとことで解説すると

弥生時代中・後期に確認される倭(わ)の女王。日本最初の統一国家ではないかと言われている。

大事なポイント

  • 中国の歴史書『三国志』中の「魏書」にある邪馬壹国が、日本の最初の統一国家ではないかと言われている。
  • ちなみに、邪馬壹国(やまいちこく)は邪馬台国(やまたいこく)の書き間違いであろう、という意見が大半であるが、中国の書を調べても同じミスは見つからず、議論を呼んでいる。
  • 邪馬台国の所在地に関しては古くから論争があり、いまだに定まるところがない。かつては、九州説と畿内説のふたつが主流であったが、現在では日本中が比定地になりかねない勢いである。
  • 『魏志倭人伝』には帯方郡から邪馬台国への行程記事があるが、そのまま行程をとると九州のはるか南方の海上に邪馬台国の位置が求められるという矛盾がある。畿内の大和にその所在を求める論者は行程方位を変更・解釈し、九州論者は山門・山戸などを前提に距離・日数を短縮し、持論を展開している。
  • 倭人伝の記述は、船に乗っている間は比較的合理的な距離を示しており、壱岐、対馬、松浦まではだいたい反論は少ない。しかし、陸行になると極めて不正確な方向と距離になり、それが大きな議論を呼ぶとなっている。
  • 邪馬台国の名が広まったのは、島原半島を邪馬台国と比定した故・宮崎康平著「まぼろしの邪馬台国」がベストセラーになってからである。それまで邪馬台国の存在は国民に知らされなかったのは、その存在自体が皇国史観と相いれないからという意見がある。

「邪馬台国」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.