裁判 さいばん judgment

ひとことで解説すると

裁判所が法的紛争を解決する目的で行う公権的な判断。

大事なポイント

  • 裁判というものには2種があり、その一つは事件の紛争解決などの実態裁判、他の一つは訴訟手続上の事項についてなされる裁判である
  • 裁判の核心をなすのは、実態裁判のほうである
  • 2009年から日本の裁判員裁判が始まった。原則として裁判官3人と裁判員6人によって構成される

「裁判」 をマンガで解説

定年後の再雇用って実際に簡単? 難しい?。

えいすけこばやし

5

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.