Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

聖徳太子 しょうとくたいし

(厩戸皇子)

ひとことで解説すると

飛鳥文化を代表する、冠位十二階制や十七条の憲法を制定した人物。

大事なポイント

  • 皇族であり、政治家であった。
  • もともと家系は皇族で、親は天皇であったが聖徳太子自体は天皇にはならなかった。
  • 聖徳太子の命令により遣隋使として派遣されたのが小野妹子である。
  • 世界最古の木造建築「法隆寺」を建てたことでも有名である。
  • 有名なエピソードで"聖徳太子は10人の話を同時に聞くことができた"というものがある。実際には、10人の話を同時に聞けたのではなく、豊かな耳を持つ人物、きちんと人々の話に耳を傾けたということを大げさな表現で後世で付け加えたとの話も。
  • その一方で聖徳太子は実在していなかったという説もある。聖徳太子の予言が当たっていて、未来が見えていたのではないかという説もある。

「聖徳太子」に関連する言葉

「聖徳太子」 をマンガで解説

商いの都は飽きない都・大阪市外を旅してきたし 第1話

小野小餅

1

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加