節税 せつぜい

ひとことで解説すると

非課税制度を活用するなど適法の範囲内で納税負担を軽減すること。

大事なポイント

  • 租税法規が本来予定している行為形式を用いて、租税負担の適法な減少を図る行為(例えば,長期譲渡所得の課税の特例の適用を受ける等)である.
  • 納税者の租税負担を減少させようとする行為は、脱税、節税、租税回避の三つに大別される。
  • 2015年、ドイツの有力紙『南ドイツ新聞』に、ある匿名の人物からある情報が提供された。それが『パナマ文書』である。
  • パナマ文書とは、パナマの法律事務所『モサック・フォンセカ』が管理していたタックスヘイブンの金融取引の記録(1970年代~2016年)で、この匿名の人物と南ドイツ新聞が情報が外部に漏れないように暗号を使って1年以上もやりとりをし、最終的に1150万件もの文書データや電子メールを獲得したという内部機密データである。
  • これにより、今各国では租税回避をターゲットにした新しい税徴収の法案を作成中である。

「節税」に関連する言葉

「節税」 をマンガで解説

確定申告めんどくせえええし!ネットでできるし?

ピョートルいしぐら

0

ただしがふるさと納税するようです

ピョートルいしぐら

0

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.