石油 せきゆ petroleum

ひとことで解説すると

炭化水素を主成分とする液状の可燃性物質。

大事なポイント

  • 原油・天然ガス・石油製品などの総称であるが、狭義では原油・灯油を意味する。
  • 地下に堆積した生物遺体がバクテリア・熱・圧力などの作用で分解してできた黒褐色の粘稠液体で、天然のものは原油と呼ばれる。
  • 原油を蒸留・精製・加工することで、ガソリン・灯油・軽油・ピッチ・潤滑油・アスファルトなどを得ることができる。
  • 燃料や石油化学製品の原料として、現代の生活に必要である重要な資源として用いられている。
  • 地球上の石油の分布は中東諸国が多く占めており、他にも北アメリカ・旧ソ連地域・北アフリカなどが主な産出国となっている。
  • 日本では需要のほとんどを海外から輸入に頼っている。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.