百物語 ひゃくものがたり

ひとことで解説すると

日本の怪談会のひとつで、怪談を100語ると本物の怪が現れるとする物語。

大事なポイント

  • 主君につかえ話し相手を務めた中世の御伽衆に由来するとも、侍の肝試しに始まったとも言われる。
  • 怪談の本「諸国百物語」「御伽百物語」「太平百物語」などが知られている。
  • 室町時代から江戸期に一種のブームになった。

「百物語」 をマンガで解説

ただし達が夏の風物詩ということで怪談話をするそうです 第4話

えいすけこばやし

37

ただし達が夏の風物詩ということで怪談話をするそうです 第3話

えいすけこばやし

0

ただし達が夏の風物詩ということで怪談話をするそうです 第2話

えいすけこばやし

2

ただし達が夏の風物詩ということで怪談話をするそうです 第1話

えいすけこばやし

4

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.