Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

深部静脈血栓症 しんぶじょうみゃくけっせんしょう Deep Venous Thrombosis

(エコノミークラス症候群、DVT)

ひとことで解説すると

深部静脈で血栓が発生する病気。血液の循環を妨げ、さらに移動することでや肺などに損傷を与える。

大事なポイント

  • 下肢に送られた血液の大部分を心臓へと送り返すルートである筋膜下の静脈を深部静脈という。ここに血液の固まりができ、静脈の内腔をふさいでしまう病気。
  • 症状:突然、下肢が腫れたり痛みや軽い熱感を伴う。
  • 原因:血流のうっ滞は長時間寝ていると起こりやすい。カテーテル検査や外科手術、外傷などで血管の内膜が傷ついたとき。
  • 治療:血栓溶解役を注射して血栓を溶かす治療。風船付きの細い管を血管内に挿入して血栓を取り除く治療。
  • 予防:入院患者はなるべく早く離床すること。長時間ベッドから離れられない患者の場合、脱水症状に注意しながらベッド上で足の曲げ伸ばしを行う。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加