汚職 おしょく corruption

(涜職)

ひとことで解説すると

公職にある人が、地位や職権を利用して収賄などの不正な行為をすること。

大事なポイント

  • 戦前は涜職といわれ、戦後の漢字制限で汚職といい改められた。
  • 職権濫用罪と賄賂罪をあわせているが、賄賂罪だけをさすことが多い。
  • 民間人の要望にこたえて、サービス、金銭、地位などの価値を受取る賄賂罪と、上位の公職者が下位者に対し不当な権限の行使を命令し、その代償を上位者が取上げることや、上位の公職者の間で監督の緩和とその代償が交換される職権濫用罪があるが、一般的には、賄賂罪をさすことが多い。
  • [収賄罪の条件]1.公務員2.職務権限、職務行為3.賄賂4.収受、要求もしくは約束。以上の4つであり、5年以下の懲役となる。また、これらの4つに依頼・頼み事が加わると受託収賄罪となり、7年以下の懲役となる。
  • 日本の汚職の歴史は古く、聖徳太子の時代からみられ、第二次世界大戦前には、政治問題化した大規模な汚職事件もあった。現代にいたっては、政・官・財の癒着構造により、汚職的状況が存在するにもかかわらず巧みに法の網の目から逃すという、構造汚職が定着している。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.