旅館業法 りょかんぎょうほう

ひとことで解説すると

ホテル・旅館・簡易宿所・下宿などを営業する旅館旅館業の業務の適正な運営を確保するためにできた律。

大事なポイント

  • 昭和23年(1978)に公布・施行
  • 旅館業によって善良の風俗が害されることがないようこれが必要な規制行うもの。
  • 経営公共の福祉に適合させることを目的とした法律。

「旅館業法」に関連する言葉

「旅館業法」 をマンガで解説

ただしが旅行先で「民泊」を体験してきたたようです。

メリージェーン

3

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.