Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

排他的経済水域 はいたてきけいざいすいいき Exclusive Economic Zone

ひとことで解説すると

領土から200海里の範囲で経済的な主権的行為を行うことができる海域のこと。

大事なポイント

  • 200海里とは沿岸から370km。
  • 船の航行は自由。他国が海底電線を敷設することもできる。領海には外国船は入ることができない。(領海は12海里まで)
  • 経済水域内では沿岸国の主権において水産資源・鉱物資源の開発ができる。
  • 排他的経済水域の面積の広さとして、1位はアメリカである。日本は6位である。
  • 日本は近隣諸国との「未確定水域」を巡って様々な主張があるが、国により主張が違っているため正確に定まっていない範囲がある。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加