急性胃粘膜病変 きゅうせいいねんまくびょうへん Acute Gastric Mucosal Lesions

(急性胃炎、急性胃潰瘍)

ひとことで解説すると

胃炎は胃の粘膜が赤くなり、むくんだりただれたりする疾患。胃潰瘍は、胃の粘膜に深いあながあく疾患。

大事なポイント

  • [症状] 胃のあたりを中心とした強い痛み、吐き気、嘔吐もしばしば現われる。
  • [原因]精神的および肉体的ストレスなど。
  • [治療]一般療法、薬物療法、その他の治療がある。
  • 近年胃炎と胃潰瘍胃潰瘍を一括して急性胃粘膜病変といわれる。

「急性胃粘膜病変」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.