Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

急性カフェイン中毒 きゅうせいかふぇいんちゅうどく Acute caffeine poisoning

ひとことで解説すると

短時間のうちに多量のカフェインを摂取することで起こる中毒症。

大事なポイント

  • カフェインを1時間以内に体重1kgあたり 6.5 mg 以上摂取すると約半数、3時間以内に 17 mg以上の摂取するとほとんどの人に起こる。
  • [症状]軽い場合は神経過敏・興奮・顔面紅潮・動悸、重い場合は幻覚・錯乱嘔吐・痙攣・瞳孔拡大など。
  • 2015年に九州地方の男性がエナジードリンクを大量に飲み、カフェイン中毒で死亡した。
  • [治療]カフェインには解毒剤や拮抗薬はなく、時間経過によって回復する。重篤な状態では血液吸着・血液透析・胃洗浄など。[

「急性カフェイン中毒」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加