小説家 しょうせつか

ひとことで解説すると

小説を書くことを業とする人。

大事なポイント

  • 一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者だが、兼業で他の職業と両立して執筆している場合も含める。
  • 小説による収入は少なく、講演活動や小説以外の著述で生計を維持している著作家の場合でも、作品が広く知られているために一般に小説家と見なされているケースも多い。
  • 特に、著述を主たる職業とする者を「職業作家」、あるいは「プロの小説家」などと呼ぶこともある。
  • 一方で「アマチュア小説家」という言葉も存在するが、アマチュアである小説家の意で使われるだけでなく、著述活動が小説家と呼ぶには足りない者、という意味合いで使われることも多い。
  • 石原慎太郎は、小説が広く出版されて固定したファンもいる状況でありながら、正業として別に職業を持っている。会社員をしながら作家になった朝井リョウなど「兼業作家」もまた多く存在する。
  • 兼業作家の中でも、さだまさしのようにシンガーソングライターが小説家になるのは極め珍しいケースである。

「小説家」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.