Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

子宮頸がんワクチン しきゅうけいがんわくちん

ひとことで解説すると

ヒトパピローマウィルスの感染による子宮頸がんを予防する為に接種するワクチンで、性交経験のない女の子への接種が推奨されている。

大事なポイント

  • 有効成分のほかに、効果を長く持続させる為のアジュバント(免疫増強剤)という物が添加されている。
  • 有効成分のほかに効果を長く持続させる為の免疫増強剤が添加されているが、副作用が多い。
  • 副作用の発生率は高く、インフルエンザワクチンの約40倍、子供向けの「定期予防接種」の7倍もある。
  • 2009年から2012年12月までに、人パピローマウィルスワクチンの接種が行われ、3205人に1人の割合で重篤な副作用の被害者が出ている。
  • [副作用]・激しい痛み・じんましん・発熱・嘔吐・頭痛・めまい・倦怠感・感覚麻痺・血圧低下・チアノーゼ波異常など・失神 など
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加