Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) にんしんこうけつあつしょうこうぐん(にんしんちゅうどくしょう)

ひとことで解説すると

妊婦の高血圧やむくみの症状のこと。

大事なポイント

  • 血管の病気の一つであり原因が「高血圧」が中心なため妊娠中毒症から「妊娠高血圧症候群」に名称が変わった。
  • 妊娠高血圧症候群になるメカニズムとして、子宮の血管の壁が原因の一つ。赤ちゃんとお母さんに合併症を引き起こすになる。
  • 赤ちゃんへ酸素や栄養がうまく行われないことで赤ちゃんの発育にも影響する。必要な栄養や酸素を無理に多く出そうとしていることが原因だと考えられる。
  • 妊娠高血圧症候群になりやすい人の特徴としては、母体年齢、初産婦、肥満の方、妊娠初期の血圧の数値で妊娠高血圧症候群を発症するリスクが大きくなる。
  • 塩分を一日当たり10g以下にし、発症を予防する。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加