太陽フレア たいようふれあ

ひとことで解説すると

太陽表面のうち黒点上空の彩層とコロナで起こる爆発現象

大事なポイント

  • 火炎のような形をしていることから名付けられた。
  • 1859年にイギリスのR.C.Carringtonが発見した。
  • 放射線・X線・紫外線・太陽風が発生した後、8分ほどで地球に到着し、電離層が乱してデリンジャー現象や磁気・オーロラ嵐が発生する。
  • 2013年5月にNASAの報告で、特に大きな太陽フレアが2日間に4回観測された。
  • 太陽活動には未解明な部分が多く様々な議論が行われている。

「太陽フレア」に関連する言葉

「太陽フレア」 をマンガで解説

ただし、どういうわけか太陽に連れてこられる。

中本二郎

2

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.