団塊の世代 だんかいのせだい

ひとことで解説すると

第二次世界大戦後のベビーブーム期に生まれた世代。

大事なポイント

  • それまでの年間平均出生数が200万人程度だったのに対し、1947〜1949年では年間約270万人に上昇した。
  • 「団塊の世代」の名は、作家、堺屋太一の小説がもとである。
  • 学業を卒業する頃には高度経済成長時期と重なり、多くの企業の働き手として重宝された。
  • 1986年から1991年、団塊の世代は働き盛りの40代となり、バブル経済を経験する。
  • 2007年以降は退職の時期を迎える者が増え、社会が一気にマンパワー不足となることが懸念された。
  • 現在は団塊の世代が受給する年金税を圧迫することが心配されている。

「団塊の世代」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.