受動喫煙 じゅどうきつえん

ひとことで解説すると

喫煙しない者が他人のたばこの煙を吸わされること。

大事なポイント

  • たばこの煙には喫煙者が体内に吸い込む煙(主流煙)と、火のついたたばこから大気中に出る煙(副流煙)があり、主流煙よりも副流煙のほうに、より多くの有害成分が含まれることが明らかになった。
  • [胎児・乳幼児の悪影響]・流早産・乳幼児突然死症候群・低体重出産
  • 世界保健機関(WHO)は、健康、社会、環境および経済に及ぼす破壊的な影響から次の世代を守ることを目的として、2003年5月に「たばこ規制枠組条約」を採択し、日本も2004年6月に批准した。
  • WHOは2007年に出した「受動喫煙防止のための政策勧告」のなかで、受動喫煙の有害な影響をなくす方法として分煙は勧められず、すべての屋内の職場や公衆の集まる場所を完全禁煙にするべきとしている。
  • 日本では2010年にはタバコ税の大幅増税の影響もあって、喫煙率は男性で約32%、女性で約10%にまで低下した。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.