厄払い やくばらい

ひとことで解説すると

神仏に祈ることで災いを取り除いてもらう呪的行為の一つ。

大事なポイント

  • 災厄・厄難を払い落とすことで、災難や疫病が身に迫るのを防いだり、二度とないようにする定期的な行事。
  • [主な時期]・6月と12月の晦日に行う大祓・三月節供の雛流し・七夕の眠り流し など
  • [主な方法]・「形代流し」体内の罪、けがれ、厄を物に移して流し去る ・厄年の人が身についたものを捨ててくる など
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.