十二支 じゅうにし

ひとことで解説すると

12種類の動物にあてはめた暦法のこと。

大事なポイント

  • 日本では、ね(鼠)・うし(牛)・とら(虎)・う(兎)・たつ(竜)・み(蛇)・うま(馬)・ひつじ(羊)・さる(猿)・とり(鶏)・いぬ(犬)・い(猪)とよんでいる。
  • 時刻や方角を表すのに用いたり、十干(じっかん)と組み合わせて年や日を表す。

「十二支」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.