分水嶺 ぶんすいれい

(分水山脈)

ひとことで解説すると

ものごとの方向性が決まる分かれ目を例えるときに使う言葉。

大事なポイント

  • 〈もともとの意味〉 二つ以上の流水の系統へ分かれて流れる境目になっている山脈や峰々のこと。
  • 〈用例〉 今、人生において大きな分水嶺に立っている。
  • 〈用例〉 ここで新入社員を導入することは、社内の労働環境が良く変わるか、変わらないかの分水嶺である。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.