債権者 さいけんしゃ creditor

ひとことで解説すると

特定の相手(債務者)に対して一定の給付を請求できる権利をもつ者。

大事なポイント

  • 絵画や美術品など物の個性に着目し、その引渡しを目的としたものを「特定物債権」という。他の物で代用できないため、目的の物を引渡してもらう必要がある。
  • 米や酒類のように品質・種類・数量を特定することで取引されるものを「種類債権」という。目的物が滅失しても、同条件の物を調達して提供してもらうことができる。
  • 金銭の引渡しを目的とする債権を「金銭債権」という。金銭が価値そのものであり、法定通貨で弁済可能なため履行不能とならない。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.