五代才助 ごだいさいたすけ

(五代 友厚)

ひとことで解説すると

日本における薩摩藩出身の武士・実業家。

大事なポイント

  • 1836年生まれ、薩摩鹿児島城下長田町にの出身。
  • 14歳のときにポルトガル人から入手した世界地図の複写を命じられる。
  • 1854年にペリーが来航し、1856年に長崎海軍伝習所へと派遣され、オランダ士官から航海術を学ぶ。
  • 1863年の薩英戦争でイギリス海軍の捕虜となるが、脱出し帰国する。
  • 1868年の戊辰戦争で西郷隆盛・大久保利通と共に倒幕に活躍した。
  • 1868年に明治新政府の参与職外国事務掛、その後に初代大阪税関長となり大阪経済界へと大きな影響をもたらした。

「五代才助」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.