三次喫煙 さんじきつえん third-hand smoke

ひとことで解説すると

タバコの煙自体ではなく部屋や衣服などに染みついたタバコの煙の成分を吸い込むこと。

大事なポイント

  • 残留受動喫煙とも言う。
  • 2009年、米国のローレンス・バークレー国立研究所の研究者らが発表した論文により注目されるようになった。
  • 車や部屋の内部に残留するタバコのニコチンが、大気中の亜硝酸と反応して発がん物質であるニトロソアミンがつくられることが判明した。
  • 日本では、2010年に厚生労働省が通達した「受動喫煙防止対策について」の中で、三次喫煙の概念を「残留たばこ成分」との名称で初めて採用した。
  • 受動喫煙の数倍危険との報告もある。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.