万葉集 まんようしゅう

ひとことで解説すると

日本最古の和歌集。

大事なポイント

  • 奈良時代末期あたりに成立したもので、約400年間の全国から集められた歌を大伴家持がまとめたとされている。
  • 短歌4200余首・長歌約260首・旋頭歌・仏足石歌・連歌などの総歌数約4500からなる。
  • 磐姫、大伴家持などの歌が含まれており人間性を率直に表現した作品が多くある。

「万葉集」 をマンガで解説

ただしが万葉集に倣って短歌で全米を泣かせてやろうと企んでいるようです

白懐子

6

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.