Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

ヒヤリ・ハット ひやり・はっと

ひとことで解説すると

事故を未然に防止するための概念のこと。

大事なポイント

  • 重大な事故に発展する可能性のある危険な目に合い、幸い災害には至らなかった事象のこと。ひやりとしたり、はっとしたりすること。
  • 統計的に示すことができ、「1:29:300」でヒヤリ・ハットの法則と呼ばれる。正式にはハインリッヒの法則である。労働災害の発生比率を表した統計である。
  • ヒヤリハットの例を挙げると、自転車に乗っているとき、まがり角をまがった瞬間に車が猛スピードでこちらに向かってきた。この時点で事故が起きなかった場合「ヒヤリハット」という。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加