バセドウ病 ばせどうびょう Basedow disease

(グレーブス病、バセドー病)

ひとことで解説すると

甲状腺の機能の異常によって起こる自己免疫疾患のこと。

大事なポイント

  • [症状] ・甲状腺の腫れ ・眼球の突出 ・動悸 ・息切れ ・ふるえ ・多汗 ・下痢 ・急激に痩せる など
  • 青年から中年の男女に起こる疾患であるが、女性に多い。男性の約4倍といわれている。

「バセドウ病」に関連する言葉

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.