ハンバーガーの歴史 はんばーがーのれきし

ひとことで解説すると

1904年に米セントルイスで開催されたセントルイス万国博覧会場で売られたのがおそらくは最初(諸説あり)。

大事なポイント

  • ハンバーガーの名が広まったのは、1940年代にマクドナルド兄弟がカリフォルニア州に開いたドライブインで出され、評判になったことから。
  • その拡がりは「マクドナルド理論」といい、トーマス・フリードマンより「マクドナルドの店舗がある国同士は戦争をしない」という学説が出されたほどである(その説はすぐ破られたが)。
  • 日本には第二次世界大戦後に駐留した米軍を通じて持ち込まれたとされている。
  • 1971年、日本マクドナルドが銀座に1号店を開店し、そこから一気に一般化した。
  • 近年は従来のビジネスモデルでは売り上げが伸びなくなっており、高級志向(グルメ)バーガーにシフトしつつある。
  • 本日のバーガー、というコミックも発売されている。

「ハンバーガーの歴史」 をマンガで解説

もうすぐ日本上陸!ただしが噂のUMAMI BURGERを食べたいそうです。

えいすけこばやし

10

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.