Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

ハイフン はいふん hyphen

ひとことで解説すると

‐の読み方。二語以上の言葉を繋ぐときに用いる記号のこと。

大事なポイント

  • ダッシュ(―)やアンダーバー(_)とは似ているが別物である。
  • ハイフンが使われる例:「ice-cream」などの二語からなる単語をつなげたり、改行して単語が切れてしまう場合、改行前に-でつないだりする。郵便番号、電話番号。アドレス。
  • 単語を繋ぐ場合、ハイフンを入れなくても意味がわかり、かつ読みにくくなければハイフンを入れる必要はない。
  • 文章や単語において音節の切れ目で使う。欧文で使うため日本人にはあまりなじみがないが、ハイフンを用いることのできる単語とそうではない単語があるため覚えるしかない。
  • ハイフンを文中で用いる際、正しい場所につけないと、つける場所によって文自体の意味がまったく異なってしまう場合がある。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加