Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

ステロイド すてろいど steroid

(副腎皮質ホルモン)

ひとことで解説すると

主に皮膚治療薬として用いられる医薬品。

大事なポイント

  • 炎症作用免疫抑制など、人の体内(副腎皮質)から分泌されるホルモンと同じ作用がある。
  • ワセリンなどの油性剤を混合し、皮膚に塗りやすい・吸収されやすい特徴をもつ。
  • [主な副作用] ・皮膚萎縮 ・感染性亢進 ・血管脆弱化重度
  • [使いすぎによる副作用] ・副腎皮質機能不全 ・糖尿病 ・白内障
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加