サムエル記 さむえるき Shemuel

ひとことで解説すると

旧約聖書の「士師記」と「列王記」の間にある歴史書の一つ。

大事なポイント

  • ユダヤ教では、預言の中に入れられる。
  • ヘブライ語写本では、元来1巻であった。
  • ギリシア語七十人訳聖書では2巻である。
  • サウル、サムエルのことが書かれている。

「サムエル記」に関連する言葉

「サムエル記」 をマンガで解説

ただしがダビデになったようです(旧約聖書【サムエル記】) 第2話

小野小餅

0

ただしがダビデになったようです(旧約聖書【サムエル記】) 第1話

小野小餅

0

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.