Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

アルコール性肝障害 あるこーるせいかんしょうがい

ひとことで解説すると

過剰飲酒によって、肝障害及び栄養障害が引き起こされた状態。

大事なポイント

  • 障害の程度によって、脂肪肝、肝繊維症、肝炎、肝硬変に分類される。
  • 1日70g前後(日本酒5合相当)を5年以上続けると発生するとされる。
  • 重症度は飲酒量と飲酒期間にほぼ比例する。
  • [症状1]食欲不振や吐き気、腹痛、倦怠感など。
  • [症状2]黄疸、ふるえ、意識障害、腹水など。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加