Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

アナフィラキシーショック あなふぃらきしーしょっく

ひとことで解説すると

発症後、極めて短い時間のうちに全身にアレルギー症状が出る反応。

大事なポイント

  • きっかけは、主にアレルゲンを飲食したり、吸い込むこと。
  • 全身性に複数の臓器(皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など)に現れる。
  • 血圧の低下や意識障害などを引き起こし、場合によっては生命を脅かす危険な状態になる。
  • アナキフィラキシーが原因で心停止に至った平均時間は、薬物で5分、蜂毒が15分、食物では30分である。
  • 一度なった人は、次に同じアレルゲンで、起こしやすい。
  • 治療は、先ずはエビネフリン(アドレナリン)投与(筋注射)、輸液(細胞外液)、抗ヒスタミン剤の投与、ステロイド薬の投与など。
  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加