ひつまぶし ひつまぶし

(ひつまむし、櫃まぶし)

ひとことで解説すると

名古屋風のウナギ飯。

大事なポイント

  • 愛知県名古屋市の名物料理で、明治のごろからあると言われている。
  • [特徴]お櫃に茶碗三杯分くらいの飯をいれ、上に刻んだウナギの蒲焼きをのせたもの。
  • [食べ方]1杯目はそのまま、2杯目はわさび、のり、みつばなどの薬味を合わせて、3杯目はせん茶、あるいはだし汁をかけて食べるのが代表的な食べ方。

「ひつまぶし」 をマンガで解説

愛を知りたきゃ名古屋に恋、まだまだある名古屋グルメ 第3話

えいすけこばやし

1

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.