第1話

全4話

AIとか人工知能ってなんなんだし?ただしが人工知能を学ぶようです 第1話

人工知能ってそもそもなんだし?存在するのかし?? AIや人工知能,コンピューターを交えながらわかりやすく解説

2016/08/27

メトロ

1

AI 人工知能 コンピューター ノンプレイヤーキャラクター 恋愛 テクノロジー

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 近年、「人工知能」という言葉が盛んに使われるようになりました。
    しかし「人工知能」とは何か?なぜ最近話題になってきたのでしょうか?そこに迫ります!

  • うーむ。
    やはり人工知能が必要なんだし。

  • お前らしかぬつぶやきだな。
    どうした、熱でもあるのか?

  • ボクだってたまにはいろいろ考えるし!
    今はちょっと今後のゲーム業界と人工知能の関係について考えてるし!

  • ふむ?ゲームにおける人工知能のことに関してはかなり昔から研究されていることだが…。
     
    非常に深い内容だな。そのうちお前が興味を持ってるのはなんだ?

  • あ、なんか嫌な予感してきた。

  • ノベルゲーの限界は人間が前もって考えた脚本を進行にそって表示することだし!
    つまり、プレイヤーは脚本家の手のひらから離れられないし!
     
    これではまるで脚本家は神!

    そしてニーチェは言ったし!「神は死んだ!」と!
    ならばノベルゲーもまた神の手を離れて独自の進歩を遂げてしかるべきなんだし…

  • 人が神の不在なる世界のビジョンを語っている時に神様のに贈ろうとするなし…
     
    そんなんだから髪が不在になるんだし?

ワロタ
  • 髪のことには触れるんじゃねぇ!で、だな。
    確かにゲームの構成が脚本家などのスタッフの意図にしか動かないのは考えるまでもなく正しいが、AIがそれとどう関係あるんだ。

  • エロゲームにただしにベタ惚れするヒロインのAIを搭載するし!そうすれば…

  • おーけー、それ以上口を開くのはやめようか。
     
    つまり、お前が言いたいのは「AIにモテたい」ってことだな?

  • そうだし、プラトニック・ラブなんだし!
    次元を超えた遠距離恋愛をしたいし!

  • 人間に相手されないからせめてAIに愛されたいってのもどうかと思うんだが…。
    そもそも、AIは別に二次元的な存在でもないだろう。

  • そうなんだし?
    AIといえば人間と同じくらいの知能を持って人間の友達になってくれる存在じゃないし?

  • そのAIの理解は本当に日本人的だな。
    「鉄腕アトム」「ドラえもん」などの「人間のように考える」存在が前提にあるんだな。
     
    ところが、世界的にAIといえば、非人間的なものを想定することが多いようだ。

  • そうなんだし?
    AIが非人間的なもの、というのがよくわからないんだし。

  • そもそも、AIとはなんなのか、という話にもなるな。
    「人工知能」というからには「知能」とは何かを抑えておく必要がある。

  • 知能、ってで考える事じゃないんだし?
    だから、脳以外のもので「考える」ことができたらそれは人工知能なんじゃないし?

  • 「脳」以外で「考える」から人工知能、というのはなかなかいい線を突いているな。
    しかし、「考えること」がそのまま知能かというとまた違うんだな。
     
    例えば、電卓は人間よりはるかに早く四則計算に答えを出すことができるが、それを「知能がある」と感じることができるか?

  • それはありえないし。あんなのに発情する人はいないし!

  • お、おう…。ところが、AIもまた電卓と同じく「0」と「1」だけで計算して結果を出すわけだ。
    お前がいう「ただしにべた惚れするAI」ができたとしたら、それは超高性能な電卓に恋をすると同じじゃないか…?

  • うーん?なんか違うし?サトルが言ってることは正しいけど、なんかごまかしがある気がするんだし…?
    ボクが惚れるのは「AI」というプログラムであって「計算機」という筐体じゃないし?

  • お、気がついたか。
    実はわざと「計算機」と「プログラム」を一緒くたにして話してたんだ!

  • なんでそんな回りくどいことするし!
     
    ボクが言っているAIはプログラム的なことだし!
     
    半導体そのものに恋をすることはないし!

  • じゃ、聞くがな。お前は人間の「なに」が好きなんだ?

  • え、それは人間そのものなんじゃないし?

  • ところが、お前はAIはプログラム的なものと言っただろう。
    そして、AIに恋をするなら、人間に対しても「脳が処理したプログラム」だけに恋をしていることになるんではないかな?

  • んー?いや、人間の恋ってそういうものじゃない気もするし?
     
     
    あれ?

  • さらに言えば、人間の脳もまたニューロン同士の結合を電気信号で処理している。
     
    さて、人間とAIを隔てるものはなんだろうな?

  • こ、混乱してきたんだし!
    でも、サトルは今、絶対ごまかして話してるんだし!
     
    「ふるまい」の問題を無視しているんだし!

  • ご名答!
     
    そうだ、人間は「人間の肉体を持って人間のように振る舞う」存在だ。ところが、人工知能は「人間のように振る舞う」とは限らないんだな。

  • やったし!ただし知能が当てたし!

  • AIに恋をするというのは、「人間を真似る振舞いをする」ものに人間を見出してるに過ぎない。
    だから、AIが人間的な振る舞いをすることもあれば、人間と全く違う振る舞いをすることもある。
     
    日本人はAIに前者を見るが、欧米では後者の見方が優勢、いうことだな。

  • すげー哲学的な問題に突入してきた気がするし…。
     
    結局、人工知能ってなんなんだし?

  • 「人工知能」と言っても科学者・研究者にとって定義が統一されているわけではない。
    しかし、ここでは「人工知能がまだできていない」という立場で話す。

  • え、いきなり今までの前提ぶち壊しなんだし!?
     
    じゃ、この世の中にあふれている「人工知能搭載」と言われるものは何なんだし?

  • まぁ、おちつけ。ここでいう人工知能は「人間の知能の原理を解明し、それを工学的に実現する技術」のことだな。

  • それでも納得出来ないんだし?
    人工知能搭載という機械もいろいろ生き物っぽいふるまいをするし?

  • 最初に戻るんだが「知能」の定義の問題なんだよ。
    「知能」とは人間だけが持つものかそうでないか、で話が変わる。
     
    俺が話しているのは知能とは人間の能力、という立場なんだな。ところが、社会一般では「入力と出力」の関係から人工知能ということが多い。

  • 結局、人工知能はあるんだし?ないんだし?

  • 人間と同じ振舞いができる人工知能はまだ存在しない。
    しかし、通俗的な意味での人工知能は存在する。広義と狭義の問題とも言えるのかねぇ。

  • 普通に「ある」といえないし?頑固だし!

  • 頑固というか、哲学的なポリシーも含むから言い切れないんだよ。
    で、通俗的な意味での人工知能は
     

    • 単純な制御プログラム
    • 古典的な人工知能
    • 機械学習を取り入れた人工知能
    • ディープラーニングを取り入れた人工知能  
      の4つが現在存在していると考えられる。
       
      今後は特に断りのない限りは「通俗的な意味での人工知能」を人工知能という。
  • 人工知能といってもそんなにあるし!?
    しかもよくわかんない言葉がバンバン出てくるし!

  • まんまコンピューターの歴史でもあるんだがな。それだけ人工知能とコンピューターは密接しているんだ。今回から3回に分けて、「人工知能とはなにか」を徹底してしゃべり倒すぞ!

  • また変なスイッチを入れちゃったんだし…

  • 人工知能を理解すればモテるようになるかもしれんぞ?

  • ど、どういうことだし!?

  • それについては内緒だが、聞いて損はないと思うぞ…。

  • う、うーん。話長くなりそうだけど、聞いてやってもいいんだし!

  • お、乗り気になったか。
    じゃ、まずは「古典的な人工知能」から解説していく。

  • できるだけわかりやすくおねがいするし…。寝ちゃうし…。

  • ま、途中で寝てもいいぞ、この睡眠学習機が…。

  • ひぃ、なんか不穏な感じがするんだし!寝ないんだし!

  • つづく! お楽しみに。

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.