第2話

全2話

聖戦戦士ただし誕生か!?ホームグロウン・テロリズムとは!?ただしが日本でジハードに参加するようです。 第2話

聖戦戦士ただし誕生か!?県警とのバトルに巻き込まれるただし。 ホームグロウン・テロリズムやムスリム,アッラーを交えながらわかりやすく解説

2016/06/04

ピョートルいしぐら

1

ホームグロウン・テロリズム ムスリム アッラー 国際 イスラム 過激派 アルカイダ テロ

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いつものように月一の任務を終え、ウダイの元に報告に向かうただし。ウダイたちは

    迷彩服に着替え、なにやら大急ぎで支度をしている。

  • ウダイさん、こんにちは!今月も口座の預かってたお金を送付しておいたし!

  • やあただし!いつもありがとう!ところでただし、アウトドアに興味はない?

  • アウトドア? に刺されるのは嫌だけど、カレーは野外で作ると格別だし!興味あるし。

  • はは。ビーフかチキン限定になりますが、カレーも作りましょう。 じゃあ、今晩我々のキャンプに出発しますから、適当にただしに必要なものを持って また夕方ここに来て。

  • わかったし!

  • 夕方

  • やあただし、この箱を積むのを手伝ってください。

  • あ!この前の緑の箱だし!この文字はなんて書いてあるし?

  • うーん。ロシア語なので分かりませんが、中身は花火ですよ!

  • 花火だし!楽しみだし!

  • ふう、終わりましたね!ではそこのピックアップトラックに乗って。出発しましょう。

  • 荷台がついてるし!荷台に変な形の荷物があるし!きっと花火の打ち上げ台だし!

  • よくわかりましたね。キャンプ場でただしにも撃たせてあげますよ!

  • 楽しみだし!

  • そこへパトカーがやってくる。拡声器でアナウンスする県警。

  • Get down your wepons! You are srrounded(武器を捨てよ!包囲されている!)

  • !なに!そんなはずは!誰かスパイがいたのか!

  • 何事だし!なんで警察がいるし?!

  • お前ら出てくるな!発砲するな!

  • 突如ウダイの横にいた男が走り出し、ピックアップトラックの花火の発射台の包みをほどく。

  • あれは?!あの黒いのが発射台だし?!なんだか無骨だし!

  • こうなったらやむをえませんね! みなさん、県警の方々にはアッラーに行ってもらいましょう。

  • 男たちが車から降りてきて県警に向かって花火を発射する。凍りつく県警。

  • いや、普通に軍隊並みの武装だな。死んだなこれは。

  • こ!これは花火ではないし!あれは銃だし!映画で悪役が持っていたし!

  • ただし、モスクの方に行ってください。モスクの壁は普通の弾丸は通さないようになっています。 裏口から逃げてください。

  • 退避!退避!総員、退避せよ!

熱い展開だな
  • 爆音がして一台目のパトカーが燃え上がる。打ち上げ台は盛大に火を噴いて、二台目のパトカーをオープンカーにしようとしていた。

  • ああ!やばいし!これは器物損壊と、公務執行妨害でパクられるパターンだし!

  • 轟音と共に自衛隊ヘリが到着する。既に県警はこの時までに壊れていないパトカーを盾にしながら、ゆっくりモスクから離れた場所に後退していた。

  • これは!少し日本の警察力をなめていましたね。皆さん、予定より はやくアッラーの元に行くしかないかもしれませんよ!

  • ひえええ!やばいし!あんなの映画でしか見たことないし!

  • ただし!早くモスクへ!

  • 大変なことになったし!日本にもテロリストがいるとは知らなかったし!

  • ただし!こっちだ!

  • え!なんでサトルがいるし!

  • 心配になってお前をつけてきたんだ!そしたら、みんな車に乗るところで、モスクに人がいなかったから入ってみた。

  • まあ、モスクは基本的に誰にでもウェルカムだし。堂々としていればいいし。

  • お前な!どうすんだよこの状況!

  • 裏口があるらしいし。モスクの中だし!

  • 裏口と三カ国語で書いてある扉を開けると、そこには地下通路への入り口が……。

  • これ、本当に裏口なのか?

  • ウダイさんを信じるし!早くいくし!それにしても結構長そうなトンネルだし。

  • 暫くトンネルをいくと、出口が見えてきた。

  • うお!こんなところに出るのか。これは道だな。

  • はっ!

  • だあああああ!サトルが打たれたし!!!

  • トンネルの出口など割り出してある!大人しく銃を捨てて投降しろ!

  • て、えええ!?俺らもテロリスト枠なのか!ただし!お前のせいだぞ!いてててて。

  • めちゃめちゃ血が出てるし!

  • やばい、ただでさえ俺は貧血なのに…ううう!

  • やばいし!サトルが死ぬし!

  • 突如ウダイがトンネルから出てきてただしたちに走り寄る。

  • 撃つのをやめなさい!彼らは人質です!日本人が死んでもいいんですか?

  • え!ウダイさん!何を言ってるし!

  • 私に合わせてください。

  • ウダイさん、撃たれるし!

  • さようなら、ただし!会えてよかったです!君の友達を大切にしてください。

  • ウダイさん!!!!サトル!サトルもしっかりするし!気を失ってるし!

  • …………。

  • サトル!目が覚めたし!

  • うお!いてててて!か!肩が!!

  • しばらくしたらきっとまた事情聴取があるし。昨日も丸一日かかったし。

  • いやー、本当にひどい目にあった。日本でもあるんだな。こんなこと。

  • 日本だけじゃないし?

  • ああ、むしろ日本以外なら世界中で結構似たようなことがあるみたいだぞ。

  • ええ!?そうなんだし!やばいし!どんな国なんだし。

  • 有名なのはフランスとかだよな。移民がテロを起こすらしいぞ。移民の子孫が自国社会に適応できず疎外され、自国に敵意を抱くんだとさ。2015年1月にフランスで発生したシャルリー・エブド襲撃事件の実行犯はフランス国籍のアルジェリア系移民だったしな。

  • 日本でもこれからそんなことがどんどんおこるんだし。やばいんだし。

  • 他にも、ロンドン同時爆破事件やボストンマラソン爆弾テロ事件もホームグロウン・テロだし、2006年にはカナダで、 移民第二世代の若者が、イスラーム過激派思想に共鳴し、テロ計画を企てたし、同様にアメリカ合衆国では2009年から2011年にかけて、32名が起訴された。

  • 欧米ではそんなにケースがあるし!欧米はやばいし!人種差別のせいだし。

  • まあ、アフリカのボコ・ハラムはもとより、中国のウイグル族の問題もあるから、欧米だけとはいえないよな。

  • 日本も気を付けないといけないし。

  • いや、気をつけてても今回みたいな事件が起こるわけで…

  • ウダイさん…ウダイさんはもう帰ってこないし。でも泣いていいのか複雑な心境だし。

  • 泣けよ。みんなお前みたいに移民と良好な関係が気づける奴ばかりで社会が作られてたら、ホームグロウンテロなんて発生しないんだぜ。

  • うわあああん!ウダイさん、僕も、僕も…

  • そっちかよ!

  • おわり

聖戦戦士ただし誕生か!?ホームグロウン・テロリズムとは!?ただしが日本でジハードに参加するようです。 第2話
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.