第2話

全4話

経常利益 営業利益 粗利って何だし?…ただしでもわかる決算資料・損益計算書(P/L)編 第2話

ドヤ顔で決算資料を読んでいるただしですが… 損益計算書やP/L,粗利を交えながらわかりやすく解説

2016/02/04

メリージェーン

0

損益計算書 P/L 粗利 ビジネス 経常利益 営業利益

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 決算資料についてざっくり教えて貰ったただし。今回は損益計算書の経常利益、営業利益、粗利などの利益のちがいについてなどを中心に教えてくれるようです。

  • ただし、この前の続きだ。前は決算資料の読み方をざっと見ていったが、今回から個別にもう少しみていくぞ。

  • なんとなくわかってきたので続いて頼むし!

  • そうか、それは良かった。それで今回は損益計算書(P/L)から説明するぞ。

  • よろしくなんだし!

  • P/Lは、売上はどれだけあったか、費用はいくらかかったか、どのぐらいの儲けがあったか、というような会社の具体的な経営状況を見る為の図表のことだよ。

  • うう〜〜....

  • どうした、急に?

  • 損益計算書(P/L)、前に勉強しようとしたんだけど、用語で売上総利益とか営業利益とか、利益がいろいろあってややこしいかったんだし...

  • なるほどな。じゃあただしがある会社を創業した場合を考えて、もう一度整理してみようか。例えばお前が20円/個で仕入れたキャンディーを30円/個で100個売った場合を考えてみるぞ。

  • 僕ハンバーグ好きだからハンバーグ売るんだし!

  • わかった....じゃあハンバーグな。ハンバーグだと仕入原価1個200円くらいか?これを300円で100個販売した場合だ。

  • そうだし!

  • 会社の利益一つ表すにしても、粗利、営業利益、経常利益とまあいろいろあるわけだ。

  • ふむふむ。それでなんだし?

  • そこでまず粗利から説明するぞ。粗利ってのは売上総利益のことだ。これは売上高から売上原価を差し引くことで算出できる。売上高は単純に売り上げた金額のことな。

  • うちの会社の売り上げはどれくらいなんだし?!

  • さっきの販売個数を換算して、売上高が30,000円(300円×100個)で、そこから売上原価20,000円(200円×100個)を引いた額10,000円がお前の粗利だ。ここまではいいか?

  • 売上高は単純に収益全体のことをで、原価は商品の仕入れとか製品の製造費用のことなんだし!

  • よし。この場合、粗利率は何パーセントになるか計算できるか?

  • バッチリわかるんだし!粗利率は33%だし!!どうだしサトル!

  • ドヤ顔はやめろ...。小学生でもわかる計算だから、正解して当たり前だろ。

  • そんなことないんだし!僕は賢いからわかるんだし!

  • おめでたいやつだ。一応計算方法を示すと、33%は「10000円÷30000円」って計算で算出できる。分母に売上、分子に粗利だな。ちなみに一般的な粗利率の目安は20-40%の間って言われている。業種にも寄るけどな。これを下回る粗利率だと原価が高すぎであまり上手い経営者とはいえないかもな。

  • じゃあ僕のハンバーグビジネスはちょうどいい粗利率なんだし!順調なんだし!

  • まあここまではな。ここから営業利益の説明をするぞ。営業利益は営業力によって稼いだ利益のことだ。ここでいう営業力っていうのは、会社の本業で稼いだ利益のことをいう。

  • 本業って僕でいうハンバーグを売る事業のことなんだし?

  • そう。あとはたとえば、自動車会社なら自動車、製薬会社なら薬品の売上のことだな。この営業利益は会社で稼いだ「本業の儲け」って言われてる。

  • なんで本業の儲けなんだし?!

  • 理由は、株とか為替とか、一企業では管理できない外部要因で生じる価格変動による損益を差し引いた価格が経常利益っていうんだが、株とか不動産投資は本業の儲けとは直接関係のない要素だろ?だから営業利益までが、会社としての売上を見る上で重要とされているんだ。

  • なるほどだし!

  • この営業利益については、さっき出した粗利から「販売費及び一般管理費」を引いた額で計算する。販売費は売り込むために要した費用、例えば営業系スタッフの給与とか広告宣伝費とか接待費がある。

  • 一般管理費は内容はどうなってるんだし?

  • 一般管理費は社内の経理とか事務作業をする人などの、営業に関係のない所で発生した給与とか、オフィス賃貸料が代表格だな。つまり総じていろんな会社の経費のことだ。

  • へえ〜〜、じゃここでなるべく経費を抑えて利益を高く維持するのが大事になってくるんだし!

  • その通り。ここでいかに効率的に収益を稼げているかがわかるぞ。後、販売費及び一般管理費は英語で「Selling & Generally Administrative expenses」っていうぞ。

  • 略してSGAなんだし!かっこいいんだし!んで僕の会社のSGAはどうなるんだし??

  • たとえばお前のハンバーグ売る会社の販売費が、従業員の給料に1000円、広告費に1000円。一般管理費として事務の人達の給料3000円、社長であるお前の給料2500円、福利厚生等で1000円とすると、SGAの合計は8500円になるよな。これを粗利から引くんだ。

  • そうすると、残りは・・・・ええーー1500円しか残らないんだし....。ちょっと少ないし!

  • この場合のお前の会社の売上高営業利益率利益率は5%って所だな。計算式は、売上高営業利益率 = 営業利益 ÷ 売上高 × 100(%)で表せる。だから、お前の営業利益率は1500 ÷ 30000 × 100%で5%ということだ。

  • そうなのかし?ちなみに日本全体では企業の平均収益率はいくらなんだし?

  • 全業種の平均は3%前後っていわれてる。上場企業の営業利益率の平均値は4~5%。でも業種によってばらつきがあるから、一概に平均出しても意味ないけどな。

  • そ、そうなんだし?!どこの業種が収益率が高いんだし??教えてくれしサトル!!

  • おいおい急にどうしたんだよ...。例えば在庫持たない金融業とかIT関連の事業は高いんじゃないか?例えばレシピサイトのクックパッドなんかは、2013年時点で営業利益率50%だったから、かなり凄いよな。

  • 50%?!!それはすごいんだし!!うらやましすぎるんだし〜〜〜

  • そんな感じで営業利益ってのは読むんだ。

  • すごく勉強になったんだし!

  • 最後に経常利益だな。

  • 項目が多くてなかなか大変なんだし。。

  • あくまで見るポイントはこの3つを見てあげると大体企業の収益体質がわかるから、残り後一つだ。用意はいいな?

  • 将来大金持ちになって大好きなハンバーグをたくさん食べるためなんだし!!サトル、続けてくれし!

  • なんだその目標は....。まあいいか。経常利益は、会社の本業以外の営業活動で稼いだ利益のことを指してて、先述した株とか不動産投資とかで稼いだ金が代表例。個人的には、営業利益=経常利益って見てもいいとも思ってる。

  • へーそうなんだし。この本業以外の稼ぎには他に何があるんだし?

  • あと有名なのは「銀行の利息」だな。どういうことかっていうと、会社が銀行から借入金がある場合は、毎月の返済+利息の支払いでマイナスダウンになる。ところが、無借金経営とかで会社に預金がある場合は、預金に利息がつくのでプラスアップになる。これも損益で含まれる。

  • なるべく借り入れに頼らない形で経営を行っている企業が最高ってことなんだし!

  • そういうことだ。ここまでが損益計算書(P/L)に記載されてる利益の項目についての重要な箇所だ。最後に純利益って項目もあって、これは経常利益から特別なイベントで起こった損得を考慮した金額をいうんだ。

  • 特別なイベント??なんだか楽しそうなんだし!

  • この特別なイベントに楽しいことは見かけないかな。多いのは、ビルの売却とか、建物の火災とか。たいていマイナスなのかなー。

  • 火災とかいやだし〜〜!怖いんだし。。

  • そういう想定外のハプニングも起こりえるから、会社経営ってのは何が起こるかわからんっていうことだ。それらもすべて損益計算書(P/L)に記載されて確認できる。

  • なんだか損益計算書(P/L)を見たり、こういう簿記のような知識って奥が深いんだし〜

  • 学ぶことなんて腐るほどあるな。一応今回の内容をまとめると、「粗利」「営業利益」までが本質で、それに「経常利益」とか「特別利益」とかを、ちまちま考慮していく。

  • 今回の勉強でなんだか会社ってのもが少し身近に感じることができたような気がするんだし!

  • 決算書見る時は粗利、営業利益、経常利益の違いはきちんと把握しておくんだぞ、ただし。 じゃあ次はキャッシュフロー計算書について説明す

  • つづく

経常利益 営業利益 粗利って何だし?…ただしでもわかる決算資料・損益計算書(P/L)編 第2話
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.