第1話

全2話

特攻してしまうのか?!ただしが226事件に参加するようです。 第1話

226事件について身を持って知ることになってしまったただし。さとるの曽祖父の地縛霊とともに警視庁に特攻してしまうのか?! 226事件や青年将校,クーデターを交えながらわかりやすく解説

2016/04/20

ピョートルいしぐら

7

226事件 青年将校 クーデター 日本史 日本軍 軍事 昭和維新の歌 柳家小さん ミリタリー 歴史 テロ

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • とある2月26日。夕方。サトルの祖父の東京にある旧家は歴史博物館として一般開放されていたが、管理者が高齢の為、閉館する運びとなった。その為、サトルはただしに前金10000円を渡し、展示品整理を手伝わせていた。

  • いやーくそ寒いんだし!しかもカビっぽくて、ハウスダストがやばいんだし!

  • 本当だな お!この軍服、お前でも着られるんじゃないか?ただし着てみろよ!

  • おお着てみるんだし! サイズ的にはピッタリなんだし!敬礼!

  • それは兵隊の服みたいだな。なかなか似合ってるじゃないか。やっぱお前腹出てるな!お!軍もある!これが親父が言ってた曾じいちゃんの軍刀だな。

  • な!なんでポン刀(日本刀のこと)があるんだし!銃刀違反なんだし!こっちに向けるななんだし!

  • 曾じいちゃんは日本軍の将校だったんだ。

  • 戦争終わってから博物館始めたんだしか?

  • いや、たしか226事件に参加して処刑されたんだったな。だから戦争には直接は参加してないんだ。

へー
  • 226事件?なんか日本史の授業で聞いたことがあるような…。

  • まあ当時の一部の若い将校が当時の日本の政治の腐敗とか、格差社会を憂いて起こした事件だよな。今でいう防衛省とか警察庁とか首相官邸を襲撃して選挙したんだ。クーデターって奴だな。

ふむふむ
  • おお!結構さとるのじいちゃんはワルなんだし!テロリストなんだし!

へー
  • お、おう、まあ、血の気が多かったのは確からしいけどな。

  • ところでなんだこのお札みたいなの?軍刀の柄に貼ってあるんだし!(ヒョイ)

  • ばか、うかつにそういうものに触るな!たたられるぞ!

  • 大丈夫なんだし!汚いからはがすんだし!

フラグ
  • やめろって!お前あんま調子のってると切るぞ?

  • え うお あぶねえんだし(ビリ)

  • ばか、札を引っ張るな!

  • あ!

  • しまった!

  • しかしこの札にはなんて書いてあるんだし?普通の漢字で書けなかったんだしか?

  • …!

  • さとる?

  • 気をつけ!

  • え?

  • 気をつけえええ!!畏れ多くも天皇陛下の命令である!

  • はい?

  • 貴様!修正だ!将校の前では不動の姿勢であろうが!一等兵!!

  • い いたいんだし!親父にも殴られたことないのに!

  • 何?!貴様、そのように甘やかされて育った 根性 叩き直してやる なんだその出た腹は!殴ってへこませるか?!

  • ひいいい

  • なんだこの腹はたるみきっている…。鍛錬が全く足らん!軍人は鍛錬を怠ってはならんと、軍人勅諭にも書いてあるだろうが!軍人勅諭を暗唱してみよ!

www
www
  • へ?

  • 貴様…!!!!

  • 一時間後。

  • 一軍人は忠節を尽すを本分とすへし凡生を我に禀くるもの誰かは国に報ゆるの心なかるへき況して軍人たらん者は此心の固からては物の用に立ち得へしとも思はれす軍人にして報国の心堅固ならさるは如何程技芸に熟し学術に長するも猶偶人にひとしかるへし其隊伍も整ひ節制も正しくとも忠節を存せさる軍隊は事に臨みて烏合の衆に同かるへし抑国家を保護し国権を維持するは兵力に在れは兵力の消長は是国運の盛衰なることを弁へ世論に惑はす政治に拘らす只々一途に己か本分の忠節を守り義は山嶽よりも重く死は鴻毛よりも軽しと覚悟せよ其操を破りて不覚を取り汚名を受くるなかれ!だし!

    —軍人は…

1時間で覚えられたらたいしたもんだな
  • ♪汨羅の渕に波さわぎ〜 巫山の雲は乱れ飛ぶ〜 混濁の世に我れ立てば〜 義憤に燃えて血潮湧く…

    はて、記憶が混濁している、しかし私はどうしてここでこんなことをしているのか。貴様、今日は何月何日か。

  • 今日は2月26日でありますだし。

  • 何!?貴様もう一度行ってみろ

  • 2月26日であります!だし!

  • クソ!もう夜ではないか!集合時間には間に合わんだろう…直接警視庁へ向かう!恐らく代理の者が指揮を取って向かっているはずだ。

  • ええ?!

  • そうか貴様ら兵卒には何も話していなかったな、我々皇道派青年将校は近衛歩兵第3連隊、歩兵第1連隊、歩兵第3連隊、野戦重砲兵第7連隊らの部隊を指揮して、岡田啓介内閣総理大臣、鈴木貫太郎侍従長、斎藤實内大臣、高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監、牧野伸顕前内大臣を襲撃、総理大臣官邸、警視庁、内務大臣官邸、陸軍省、参謀本部、陸軍大臣官邸、東京朝日新聞を占拠する!

  • そ、そうなんだしか?!テロっちゃうんだし?!クーデターだし??

  • そうだ。我々が武力を以て老重臣を殺害すれば、天皇親政が実現し、政治腐敗や、農村の困窮が収束するのだ!ところで貴様、武装はどうした?!

  • 知らないんだしであります!だし!

  • 貴様畏れ多くも天皇陛下から賜った兵器を紛失するとは貴様!いい度胸だな!修正だ!

  • ひいい!

  • なんだここに軽機関銃があるではないか!行くぞ!

  • (冗談じゃないんだし!今日日警視庁なんかにこんな豆鉄砲で特攻したらハチの巣にされるんだし…)

  • はっ…!あそこの札を戻すんだし!。それっ!

  • なんだ貴様その札は?どういうつもりだ?ン…?意識が!

  • やったんだし!

  • お?ただし?なんでお前、顔そんなにぼこぼこなんだ?

  • ううう…軍刀に封印されてたサトルの曾じいちゃんの亡霊にボコられたんだし!

  • ああ?何電波な事いってんだ?お前転んだんだろ?

  • いや実は………という訳なんだし。

  • えええ?!まじかよ?!俺も会いたかったな!

  • ところで、警視庁に特攻したただしの曾じいちゃん、その後はどうなったんだし?

  • ん?おおよく知ってるな!てかお前は実際にあったのか。ああ、警視庁をちゃんと占拠したよ。

  • そうなんだしか!でもそこまで成功したのにクーデターは失敗したんだしな。

  • そうだな。まあ、そのあと曾じいちゃんたちは軍首脳を経由して昭和天皇に昭和維新を訴えたたんだけどな。結局、軍と政府は、曾じいちゃんたちを「叛乱軍(反乱軍)」として武力鎮圧して、包囲して投降を呼びかけたんだ。そのあと、叛乱(反乱)将校たちは下士官兵を原隊に帰してから、一部は自決したんだ。で、他は銃殺刑にされたり、禁固刑になったり。

  • そうなんだしか!酷いんだし。

  • しかし今回は僕の方が酷い目にあったんだし…。

  • ちなみに、226事件の青年将校の中には、見張り役として後に落語家として人間国宝になる柳家小さんもいたんだ。

  • あさげのおじいちゃんだし! こんなところに参加してたのかし!おそろしいし!

  • …にしてもお前酷い顔だな。俺のじいちゃんはとんだ暴力主義者だな。まあお前の顔見てると殴りたくなる気持ちもわかるが。

  • 酷いんだし!さとるもじいちゃんに会って殴られればいいんだし!

  • お!その手があった!おいただし、この軍刀持てよ。

  • え?何するんだし?ちょっと!おい!

  • ぺりぺりぺり

  • はっ!ここは!

  • 曾おじいちゃん、はじめまして。私あなたのひ孫でサトルと言います。

  • 515事件に続く!?

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.