日本とゆかりの深いモンゴル。ただしが大モンゴル帝国皇帝チンギス・ハンについて学ぶようです。

チンギス・ハンと遊牧民と源義経の関係とは 世界史やチンギス・ハン,源義経を交えながらわかりやすく解説

2016/05/30

てらかっぱ

1

世界史 チンギス・ハン 源義経 遊牧民 モンゴル 中国

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日のテーマは「チンギス・ハン」…なのですが、ただしが路上でディスコダンスを踊っていますね……おそらくこれは、勘違いというやつっぽいですね……

  • ♪チン・チン・チンギス・ハーン!エッチラ・オッチラ!ヘイ・ヘイ・チンギス・ハーン!!

モスコーモスコー
  • どうした、怪しい踊りをおどって、何かの宗教儀式か呪いにかかったか!!

  • いやいや、合コンで知り合った女の子チンギス・ハンのことを勉強してるって言ってたから、僕も話をあわせるために練習してるんだし。 同じ趣味を持ってると好感度も上がるんだし。ヘイヘイ!チンギス・ハン!!

  • その程度の付け焼刃でお前がもてるとは思えんが…しかし、チンギスハン踊りとは、80年代のディスコで流行った曲、さては還暦越えの熟女だな!?

  • 失礼な!!彼女は中国史を勉強しているバリバリの女子大生だし!ピチピチの20代だし!!

  • ん?てことは、そのチンギス・ハンは99パーセントの確率でモンゴル人のチンギス・ハンだな。残りの1パーセントは羊の鍋だな。

  • なに?モンゴル人ってことはチンギス・ハンは力士のことだったのか!!朝青龍の親戚だしか?!しまった最近の相撲は詳しくないだし、サトル!!さっさと教えるだし!!

  • 相撲とりとは違うわ!! チンギス・ハンというのはな、中を治め世界に大勢力を築いた大モンゴル帝国の初代皇帝の名だ。

  • なに!!中国人だと!!さっきはモンゴル人といっただし!どういうことだし!!

  • チンギス・ハンは中国人ではない。そして最近の人でもない。

    中国とは黄河や揚子江という川の周辺で栄えた国で代々皇帝の座についたものが統治していた。

    中国の人は中華思想を持っており、自分たち以外は人間と認めてない。中国周辺にすむ人たちはすべて野蛮人で、四方に住む野蛮人をそれぞれ東夷(とうい)西戎(せいじゅう)南蛮(なんばん)北狄(ほくてき)と呼んで馬鹿にしていたんだ。

  • 野蛮人とはひどいだし、同じ人間だし!

  • 日本は東夷とよばれていて、やっぱり野蛮人扱いだったぞ

  • なんだと!!

  • で、北の野蛮人といわれた人たちは遊牧民といわれる民族だった。

  • 遊牧民ということは、遊び人だしね。それは馬鹿にされてもしょうがないだし。

  • 違うわ!遊牧民の”遊”とは”一箇所に定住しない”という意味で”あそぶ”じゃない。遊牧民は山羊や羊を家畜として飼って生活をしている人たちのことだ。

  • 家畜は同じところで草を食べさせていると草を食べつくしてしまうので、遊牧民は定期的に場所を変えながら生活をしている。家は組み立て式のテントで、家族を中心としたいくつかのグループに分かれて移動している。

  • 落ち着かない生活だしね。僕は結婚して、一戸建てに住んで、安定収入がほしいだし。

  • じゃぁ、早く就職しろ。

  • そういうことは言わなくていいし…

  • 一方、当時は宋と呼ばれていた中国は農耕民族で同じ場所に定住して農業を行っていた。遊牧民族は食料を求めて移動する民族だから目の前に農耕民族が作った食料が置かれていたら、そりゃもっていくわな。

  • ひどいし、せっかく汗水たらして作った食料をもっていくなんて。

  • 遊牧民のほうも、最初は天災や病気で食料が手に入れられないときだけ襲ってたんだけど、楽に食料が手に入るってわかって、遊牧してるより略奪したほうが楽じゃないかと思い始めたんだ。

  • それは、お巡りさんに言って逮捕してもらわないといけないだし。

  • そうなんだ、中国の方も、食料や財産をとられたくないから遊牧民を退治しようとするんだけど、あちらは移動しながら生活しているのでどこにいるのかわからない神出鬼没。逆に自分たちは定住しているから逃げようもない。だから自分たちの土地の周りに塀を作ることにしたんだ。それが万里の長城だ。

  • なんだと!世界遺産の万里の長城は遊牧民から身を守るために作られたのか!!

  • まぁ、当時の万里の長城は今ほど長いものではなく、結局役にも立たず中国は遊牧民の作った国に負けてしまったんだけどな。その国を金という。

  • そうか、その金という国の王様がチンギス・ハンなんだな。

  • 違う!まだ早いわ!!

  • 遊牧民が一枚岩だったわけではない。金にも敵対する遊牧民のグループがいたんだ。それが当時テムジンと呼ばれていたチンギス・ハンが治めていたモンゴルという国だ。

    ちなみにモンゴルは中国からは蒙古と呼ばれていた。蒙古の蒙は無知蒙昧も蒙。つまりバカな奴という意味だ。

    ちなみに日本は倭と呼ばれていた。腰の曲がったチビという意味だ。中国人の悪意に気づいた日本人はその後、倭を和という字に変えてもらったがな。

  • 中国め!また馬鹿にしおって!!

  • 金は遊牧民が作った国だったが、中国の領土を手に入れたことで不安定な遊牧生活をすて定住するようになった。そしたらとたんに弱くなってしまったんだ。そのタイミングを見計らって中国は金を攻めた。攻めたといっても自分たちの手は汚さず、同じ遊牧民のモンゴルに攻めさせたんだけどな。中国には「夷を持って夷を制す」という諺がある。野蛮人は野蛮人をつかって倒すという意味だ。

  • 卑怯だし

  • 金のために父親を殺された恨みを持っていたチンギス・ハンは、中国の誘いにのって金を中国から追い出したんだけど、その勢いにのって中国全土も制圧してしまった。その後、チンギス・ハンは金を完全に滅ぼすための遠征中に死んでしまう。金を滅ぼし完全に中国を平定した後、チンギス・ハンの子孫が中国に作った国がだ。

  • 遊牧民のことはわかったけど、チンギス・ハンとはどんな人だったんだ。

  • それが、よくわからんのだ。

  • わからんって!!

  • 元を作る前のモンゴルには文字がなく記録が残っていないんだ。後世、チンギス・ハンについて書かれた物は信憑性が低い。モンゴル人はチンギス・ハンを偉大な人間に書くが、征服された国の人たちは極悪人に書く。中国は北の野蛮人に支配されてた屈辱で正しいこと書くわけない。

    現代の中国ですら、東の野蛮人であるところの日本人に支配されてた第二次世界大戦の頃のことは、嘘を言ったり誇張して言ったりしてるだろ。 結局、何が本当かわからない。チンギス・ハンの墓すら見つかっていないんだ。もし墓を見つけることができたら様々なことがわかるだろう、それは歴史的大発見になることは間違いない。

  • それはそれでミステリーだし!ロマンだし!創造を掻き立てられるだし!!

  • そうなんだ、そこがチンギス・ハンの魅力なんだ。世界の半分を手に入れた国の皇帝について何もわかっていない。実はチンギス・ハンは源義経だという人もいる。

  • なぜ、そこで義経が出てくるだし。

  • チンギス・ハンが活躍するのは日本で言うと鎌倉時代、ちょうど義経が奥州で死んだとされる時期と合致していてるんだ。判官びいきの人、あっ判官っていうのは義経の官職名のことで、判官びいきってのは義経大好きって人のことだからな。この人たちは義経が死んだってことが信じられない。生き延びているはずだと考えた。もしかしたら中国で活躍し始めたチンギス・ハンってのが義経かもしれないと思い始めた。

    伝説によると源義経の子孫は数百年後、新しい国を中国に作る。その国の名はは清和源氏の一字を取って清という。

  • それはさすがに嘘だし。

  • 確かに、チンギス・ハンと源義経が同一人物説は否定されているが、信じている人は多くいたのだろう。だからこそ清国のラストエンペラー愛新覚羅溥儀を日本人が助けて満州国を作ったのも、清国皇帝が源氏の子孫だと思ってたからじゃないかな。

  • でも日本人とモンゴル人、いくらなんでも違うでしょう。

  • そんなことないぞ、日本人とモンゴル人、そしてネイティブアメリカンは同じモンゴロイド系で同じDNAを持っているんだ。その証拠に日本人は子供のころお尻に青いあざがある。これを蒙古斑という。まぁ大人になると自然と消えるんだけどな…

  • まさに、ケツの青いガキだし

  • ……

  • もしかしてサトル!?まだケツが青いだしね!いつもえらそうなこと言ってるけどガキだしね!!

  • うるさい!

  • おわり

日本とゆかりの深いモンゴル。ただしが大モンゴル帝国皇帝チンギス・ハンについて学ぶようです。
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.