第2話

全2話

新電力、どう選べばいいんだし?今更聞けない「電力自由化」を考えるし! 第2話

電力をどう選べばいいんだし? 電力自由化や新電力,発電を交えながらわかりやすく解説

2016/03/30

中本二郎

0

電力自由化 新電力 発電 ライフハック 東京電力 関西電力 送電 小売 原発 発電所

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016年4月から始まる電力自由化。

    まだまだわからないことがいっぱい。 だんだん理解してきたただし。 でも、心配なこともいろいろあるようで…。

  • あ。あとちょっと心配なこともあるし!

  • なんだ?

  • そんな新入業者がいきなり電気とか扱って、停電とかないんだし? 新入社員にミスはつきものだし!

  • それは一応、心配ないということになっている。

  • なんでだし?

  • さっき言ったように、新電力と契約しても、送電線や設備は一般電気事業者のものが使われる。 だから、新電力の発電量が不足しても、地域の電力会社が不足分を補う仕組みになっているんだ。

  • ほー。 MVNOに申し込んでも、いっぱいになったらドコモの回線に自動的につながるってことだし。

  • まぁ、そんなようなことかな。

  • あ、そういえばうちはアパートなんだしが、大丈夫だし?

  • マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいても、基本的には自由に契約できるぞ。

    ただ、高圧一括受電契約といって、管理組合などを通じて集合住宅全体で一括契約している場合はケースバイケースだから、事前に確認したほうがいいな。

  • うちのボロアパートにそんなもんないし。大丈夫だし。

    でも契約の切り替えとかどうせ面倒なんだし…。 ネットの契約変えるのとか工事入ったり超めんどかったし…。 MNPの時なんか、もとのキャリアに電話したけどまったくつながらなくて翌日に回されたんだし。ひどいし。

  • そこは、新しく契約する事業者に申し込むだけで切り替えられるぞ。

  • えっ、じゃあ今の電力会社に連絡しないでもいいんだし?

  • そうだ。Webでも簡単に申し込み手続きができるようになる。

  • へー、そこはネットや携帯よりもラクチンなんだし! 工事もいらないのかし…?

  • うむ、基本的には工事もいらない。 場合によってはスマートメーターの設置が必要だが、それも業者がやってくれる。

  • うーん、だんだん良いことづくめな気がしてきたし…。

  • 単純なやつだな。 まぁ、そういう意味では携帯キャリアやネット回線よりも品質に変わりがなく切り替えも簡単だからこそ、価格設定はわかりづらくしないと仕組みが回らないんだろうなあ。

  • うーん。 ならば仕方ないという気もしてきたし。

    品質も変わらなくて、契約も簡単。比較も簡単だったらみんな1円でも安いところに変えるに決まってるんだし。

  • だから、ガス料金やネットとのセットだったり、時間帯によってはとか、◯◯円以上使うと東電よりも安くなる、など業者によって条件がわかりづらくなっているわけだ。

  • ふむふむ。 ただしはインターネットサーファーだから、ネット回線を契約してるところとセットにするのがお得な気がするし。

  • ネットとか携帯キャリアなんかはそうかもな。

    あとは都市ガスはほとんどの家庭で使っているから東京ガスなんかはかなり有利そうだぞ。

  • あ、でも、逆に高くついたりってことはないのかし?? そうなるんなら何の意味もないし!

  • それも基本的には心配いらない、と思う。

    競争が起こるように、現行の規制料金を残しつつ自由料金を設定するから、電力自由化したことで料金が逆に高くなることにはならない、と期待されている。これは、自由化して逆に高くなってしまったイギリスの前例に学んだ制度だ。でも、あくまで自由化だからな。勝手に高くしても自滅するだけだろう。

  • なるほどだし。 いろいろギリギリのところで成り立ってる制度なんだし。

  • そういうことだなー。 電力なんて利権の塊だろうからなあ。 資本主義の論理とギリギリのせめぎあいだ。

  • 結局と全然変わらないなんてことにならないでほしいし。

  • そうだな。 そのためには、ちゃんと情報を集めて、どうにもなっていなかったら政治家を動かすしかない。結局は、資本主義と民主主義だ。

  • ふむー。 釈然としたような、しないようなだし。

  • なにが釈然としない?

  • うーん… あ、なんとなくわかったし。 そもそもこれ、なんで自由化しようってことになったんだし? 市民運動とか起きてた気もしないし、政治家が公約してた覚えもないし。 誰が主導してたのかよくわからないし。

  • うん、お前にしてはいいところに気づいたな。 まだそこを説明してなかったな。

  • お前にしてはっての不要だし!

  • まず、電気というのは、たくさん作った方が安くなるから、ほっとけばどうしても独占状態になる。独占状態になれば電気代は下がらない。だから自由化することで、一部からでも競争原理によって安くしようというのが基本的な考え方だ。

  • なるほど。 でも、そんなの飼いならされた日本人がちゃんと求めるとは思えないし。

  • 1993年、総務庁のエネルギーに関する規制緩和への提言を契機に、電気事業審議会での審議が始まった。

  • 20年以上前じゃないかし…。 やる気あんのかし…。

  • 1995年、31年ぶりに電気事業改正以後、3回の法改正で、独立系発電事業者の新規参入や、既存の電力会社以外の特定規模電気事業者の小売が認められた。

  • 一応、そこで規制は緩和されてたんだしな。

  • また自由化範囲は2000年に使用規模2000kW以上が対象となって以後、2004年から500kW以上、2005年から50kW以上へと段階的に拡大されてきた。

  • ふむふむ。 動いてはいたんだし。 でもこれも10年前の話だし。 なんでこのタイミングになったんだし?

  • うん、それにはやはり、2011年の東日本大震災と東京電力原発事故の影響が大きい。日本中に原発から出る放射性物質による影響と不安を与え、輪番停電などで電力の安定供給についても国民に不安を与えた。

    そこで、2012年2月に政府が「電力システム改革専門委員会」を作って、議論を進め、その議論にもとづいて、2013年4月に「電力システムに関する改革方針」が閣議決定された。

    その中で、安定供給の確保、電気料金の抑制、自由度の高い電力システムが三本の柱になったんだ。

  • なるほどだし。 でも、なーんか怪しいし。 電気を、そう簡単に自由化するには裏がありそうだし?

  • 経産省からすると、原発事故で民からの不満が集まりまくってるから、なにかガス抜きが必要だったという思惑はあるのかもしれないな。

  • あー! そういうことだし。

  • しかし今は東電自体が国からの資金で成り立っていて、経営が健全でない。この状態で自由化するというのはいろいろ混乱するかもしれない。

  • なるほどだし。 なんか話がうますぎる、っていうのがひっかかってだんだし。

  • それも無理はない。 本来的な競争でいえば、関電と東電の電圧を一緒にして、東電と関電で自由競争をさせるべきなんだ。

  • へー、関東と関西で電圧が違うんだし?

  • そうなんだ。東電が50Hzで、関電が60Hz。 それぞれ、創世記にアメリカとドイツの発電機を導入したことに端を発する。 だから、震災の時も送電ができなかったり問題があった。

  • そっちが本丸なんだしな。 一緒にしちゃえば大元も競争ができるし!

  • いずれにしても、今回の小売自由化が、電気とかエネルギーに対するリテラシーを上げるきっかけになるといいな。

  • よくわかったし! とりあえず、何か新電力業者に乗り換えてみるし! 毎月の電気代を、穴があくまで今までのものと見比べるし!

  • お前はまず節電しろ。なんだ、セラミックヒーターも電気カーペットも使ってるのかよ…

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.