妊婦さんはつらいし!ただしがマタハラにあっているようです。

妊婦さんはつらいし! マタハラや妊娠,職場を交えながらわかりやすく解説

2016/04/19

えいすけこばやし

0

マタハラ 妊娠 職場 社会問題 マタニティー 上司 企業 法律

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今回のてーまは、マタニティーハラスメント、「マタハラ」です。あ。あそこにいる妊婦さんは……

  • はぁ……。最近の私、幸せなんだけど、幸せじゃないのよね…。

  • 仕事中に急にどうしたんだい……って、あれ?

  • なんでお前が妊婦さんやってんだ…

  • 細かいことはいいんだし…

  • ……そ、そうか。 じゃぁ……どうしたんです?ただしさん。

  • あのですね……。これは言って良いのかわからないんだしですが……。

  • なんでも言うといいと思いますよ。この会社のこの部署の事は僕が責任を持つ立場なんですから。

  • そ、そうですか……? じゃあ言ってしまうおうかしら? し。

  • もちろんです。

  • で、でもですね。ここでは言いにくい事なんですし。

  • なるほど、そうなんですね。それじゃあ本日の業務が終わりましたら近所の喫茶店でいかがでしょうか?

  • はい、ありがとうございます。それでは後ほど。

  • ただし妊婦の勤める会社の業務が18時に終了いたしました。そして、上司のサトルと喫茶店で落ち合う事に。

  • あのですね……。ご存知いたいだいている通り、私は現在妊娠中なんです。今、3ヶ月になります。

  • はい、もちろん存じております。どうですか、順調でございますでしょうか?

  • はい、おかげ様で体調もお腹の中の子供も順調です。お医者様も元気ですよと言ってくださっております。

  • それはそれは。では、なにか他にありましたでしょうか?

  • それがですね……。とても言いずらい事なんですが、私、同じ部署の同僚の数名と上司の方から、いわゆる「マタハラ」と思われる行為や言動を受けているんです……。

  • なんですって? それは……。

  • 「マタハラ」とは、マタニティーハラスメントの略でありまして、妊娠中に働いている最中に、その妊娠に関する事に対して職場で嫌がらせ等を受ける事である。さて、ただし妊婦は一体どんなマタハラを受けているのでしょうか?

  • そうなんです……。先日も、名前は伏せますが、上司の女性にひどい事を言われました。

  • え? 一体何を言われたんですか? よろしければお話してくださいませんか?

  • 今思い出しても辛いのですが、どうしても妊娠中の今って、確かに今まで通りには仕事はできないんです。そして、ちょっと休憩をしていたら、「あんたね、そんな事で仕事が務まると思っているの? そんな感じで仕事するのはやめてちょうだい。堕ろすのは簡単よ。十数えれば終わるわ!」って……。

  • そ、それはとんでもない言葉です! 放っておけませんね!

  • 統計によると、マタハラと思われる行為を受けた女性の数は急上昇しています。そして、その年齢は29歳から39歳までの女性に特に多いという結果がでています。また、この原因の一つとして、例えば「病気」「怪我」での休職は仕方ない事というイメージがあるのに対して、「妊娠」による体調不良や休職は「自己責任」という風潮がある会社があることのようです…。

  • はい……。他にも結構色々言われています……。

  • もしよろしければそれも聞かせていただけますでしょうか?

  • はい……。この会社に入ったのが約2年前ですが、その入社の面接の時点で言われました。確か、サトルさんもその場にいたと思うのですが。覚えていませんか?

  • いや、申し訳ありません。現時点で思い出せません……。

  • 本当に覚えていないんですか?! 

  • はい、申し訳ございません……。

  • あのですね、その面接の時、半分冗談のようにだったのですが、「うちの会社に入ったらすぐに妊娠しないでくださいね(笑)」みたいに言われたんですよ。これって、冗談でも言ってはいけない事だと思うんですがいかがでしょうか?

  • すいません……。確かにそれは絶対にあってはいけない事だと思います。そして、今、確かにそういう事を冗談半分で面接でお話していた事を思い出しました。

  • 私、思うんですけれど。こういう言動を許してしまう、そして、教育できていない会社。もっと細かく言えば、部署でこういう事が起きているのを見過ごしているのって、上司であるサトルさんの責任でもあると思うんです!

  • おっしゃる通りです……。申し訳ない……。

  • それでは、どうしてそういう事が起きてしまうのか、ご存知でしょうか? 把握は一切していないのですか?

  • いや、正直言いまして、なんとなくの空気ではそういう事があるのはわかっていました。名前は出しませんが、例えばもう勤続20年で、ある意味お局さんのような彼女。まあ、名前を出さないと言いましたがもうお分かりになると思います。その彼女を見ているとそれはわかっていました。

  • じゃあどうしてそれをやめさせるようにしないんですか? 彼女の上司はサトルさんですよね?

  • はい、それは間違いありません。ただ、彼女にもきっと彼女なりの仕事に対するプライドや考え方があって、そして、これをいうと、この言葉がセクハラになってしまうかもしれませんが、彼女はまた未婚なんです。なので、これは非常に言いずらいのですが、ただしさんに対するある意味の「嫉妬」のようなものも正直感じる事もあります。

  • だと思います。それはすごく感じます。でも、それは仕事とは全く別の問題であって、そういう嫉妬を仕事に持ち込むこと自体がマタハラだと私は思うんです。し。

  • 本当におっしゃる通りです。今、このマタハラは他の会社でも非常に大きな問題となりつつあるんです……。

  • マタハラを受けて、労働局に相談した女性の半分以上は、その対応に満足していないという結果もでています。

  • 確かに、これはすごく難しい問題なもの私もわかるんです。だって、実際に妊娠してしまうと以前と同じようなペースで仕事はできなくなってしまうわけで、会社にとっては「損失」「穴」になってしまう。

  • はい……。非常に言いずらいですが、正直そういう要素もあります……。

  • ですが、私が思うのは、もちろん妊婦の状態で働く事で迷惑をかけていることはわかっていますので、それを武器に怠慢になろうなんて思っていません。ただ、だからこそ、そういった妊婦さんの働きやすい環境を作っていくこともこれからの日本の会社には大事だと思うんです!

  • おっしゃる通りです。今回、ただしさんからこういったご提案とご相談をいただきまして反省していますとともに、今後の弊社の中での環境作りを考えていくきっかけになりました。

  • こちらこそ、ちょっと言いすぎたかもしれませんが、これはまだまだ男性や結婚されていない方が妊婦に対する「理解」が進んでいない、足りない結果だと感じています。

  • それは間違いありません。日本はまだまだ仕事仕事の社会で、そして残業などに対しての対応も会社によって良くないところもありますね。そういう部分がこのマタニティーハラスメントにつながってしまっている気がいたします。

  • 私ももちろんお腹の中の子供も大事ですが、会社のことも考えているつもりですので、今後、どうぞよろしくお願いいたします。

  • はい、わかりました。早速明日から今回のただしさんの言葉を受け止め、社員教育に努めさせていただきます。ありがとうございました。

  • ただしの会社、改善されるといいですね。この問題は今後も日本でますます大きくなっていくことでしょう。誰もが働きやすい環境作り。確かに難しい問題ですが、目を背けないで、一旦でもその人の立場になって考えてみるときっと解決方法は出てくると思いますね。みんな同じ人間なのですから。

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.