第5話

全7話

地元の人の生活が見えるし!二人のトンデモ台湾旅行記 第5話

地元の人の生活が見えるし! 台湾や飛行機,紛失を交えながらわかりやすく解説

2016/05/02

えいすけこばやし

6

台湾 飛行機 紛失 トラベル 小籠包 財布 MRT 女子大生 バックパッカー 温泉 汽車 空港 海外旅行

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 台湾の観光名所、龍山寺とその周辺を歩いている二人。まだまだこの周辺には色々なものがありそうですよ? とんでもないカルチャーショックにも遭遇?!

  • 龍山寺の周辺しかったし…

  • そうだな、有名な観光地だから安心安全な場所かと思っていたら、ちょっと外れるだけで結構なディープな雰囲気の場所があるもんだな。

  • だし~~! でも、これが旅なんだし! 楽しいし!

  • 俺の勘だとこの龍山寺の周辺にはもっともっとディープなものがあるとみた!

  • 中学生みたいなドキドキ感があるし!

  • まぁでも俺がホントに見たいのは、地の人が利用しているような市場なんだよなー。色々なに行ってきたけど、市場というのはその国、その地域の特色が一番出る場所なのよ。

    「その国を知りたければ市場に行け!」 が俺の言葉だ!

ふむふむ
ふむふむ
  • な、なるほどだし! でも、本当にここにもあるんだし?

  • そうだなあ、確実にあるかはわからないけれど、ある「気配」がするんだよな。これは色々旅をしてきた人間の「勘」みたいなもんだ。

  • ほうほうほうほうだし! じゃあ探してみるし!

  • よし! 予想だと、こっちだな。

  • すると…地元の人が使う風の店が並ぶ路地を発見!

  • サトル! ここって、そうなんじゅやないし?!

  • ああ、予想が当たったな。ここはなかなかディープな地元の方々の市場だと見た。

  • 市場かし?

    tadashi from BOBBYLONDONさん(@tadashi.official)が投稿した写真 -

  • 行くだし! 早速行くだし!

  • おう! これは相当楽しみだぞ!

  • う、うわあああああ! す、すごいし! 鶏さんが丸ごと……。

ワロタ
  • 鶏さん…

    tadashi from BOBBYLONDONさん(@tadashi.official)が投稿した写真 -

  • はははは、確かに日本ではこのような売り方はなかなかされていないよな。でも、逆に言うと、この売り方がまだまだ世界を見ると普通だぞ。

    日本って異常に見た目に左右される民族で、フランドチキンとかをモリモリ、おいしいー! とか言って食べているくせに、その鶏がしめられている姿は見たくないという無責任な部分があるからな。

わかる
  • たしかにお魚さんだってそのままだし…

  • ほら、見てみろ、他にも鶏の足の煮付けや、豚の丸焼き、もうなんでも来い! って感じだろ。

  • うん! すごいし! そのすぐ横にアクセサリーとか服を売っている不思議空間だし!

  • 鶏さんだし…

    tadashi from BOBBYLONDONさん(@tadashi.official)が投稿した写真 -

  • そうだな。日本であえて例えるなら上野のアメ横をパワーアップさせた感じかな。

  • あ、近いかもしれないし! 

  • これこそが地元の本当に生活なんだよ。これを見るのが旅の醍醐味なんだよな。 1日目からいきなりこんなすごいものを見れるなんて、正直予想外だったわ。

  • 感動しているし! まだ5日も残っていると思うとドキドキだし!

  • これがお前とじゃなければな……。

  • ???? サトル、今なんか言ったし? 空耳だし?

  • いや、気にするな。ただ、お前とじゃなければもっと面白かったんだろうな、この台湾の旅は。とハッキリと言っただけだ。

  • ガーーーーーーン! 

    でも、そこまでハッキリ言ってもらうとスッキリするし! そして、逆に、それなら楽しませてみせる! って思うし!

  • 期待しているぞ! で、今日は他にどこに行くつもりなんだ? 龍山寺周辺は結構満喫した感じがあるけどな。

  • 待ってほしいし! さっき屋台で美味しそうなものが売っていたんだし! それを食べ歩きしたいし!

  • おう! 付き合おうじゃないか! どこだどこだ。

  • ここ、ここだし! これが美味しそうなんだし! ごま団子? 一個20元だしかね?

  • 確かにうまそうだな! 買ってみようぜ!

  • うおーーーーーーーー! うーーまーーーーいーーーーーぞーーーーーーー!

  • なんだんだよ、その少年料理漫画みたいなリアクションは。

  • でも本当だし! 本当に美味しいし!

  • どれどれ、じゃあ半分こするか。 ほう! 確かに! これは美味いな! 

  • ボクの狙いが当たったし! 

  • で、この後はどうするんだ?

  • 今回、サトルは本当に何も誘導してくれないんだし! 

  • 当たり前だろ。それがお前にとっての勉強なんだからな。愛の鞭、っていうか「愛の無視」ってやつだ。

www
ワロタ
  • わかったし! じゃあ次は、台湾の歴史が学べるような場所を通り過ぎた気がするんだし!そこいってみるし。

  • こいつ、だんだん旅に慣れてきやがったな。フフフ。

  • ここ! ここだし! ええと、臺北市郷土史教育中心。 ※臺北=台北

  • お、お、でもこれって自由に入れるのか?

  • ちょっと聞いてみるし?

  • そうだな。あ、でも受付の? おばちゃんが来い来いってやってるぞ?

  • 「ハーイ! フリーー?!」

  • い、いきなり無料かどうかを聞くのかよ……。

  • だって、それは大事だし!

  • まあな。で、どうやら無料でみれる資料館のような施設らしいな。これは写真を撮ってもいいのか?

  • 「フォト、OK」「アイム、ジャパニーズジャーナリスト!」

  • お、お前、ジャーナリストだったのかよ! 笑 まあでもこうやって記事にしている以上間違ってはいないわな。

  • 写真も大丈夫、掲載も大丈夫ということだし!

  • そうか! それじゃあ入ってみるか。

  • おうよ

  • って、確かに、日本と台湾の歴史や、病気の歴史、町の発展、ここだけで台北の歴史がほとんどわかってしまうな。これはすごい! ここにきたら是非来て欲しいな。

  • 本当にすごいし! でも、地元の小学生とか幼稚園くらいの子たちの遊び場にもなっているようだし……。

  • だな。ちびっこが満載だな……。なんだろうな、この微妙な場違い感。

  • あ、サトル、輪投げがあるし! 勝負しようだし!

  • なんで台湾に来てお前と輪投げの対決をしなくちゃいけないんだよ……。

  • いいじゃんいいじゃん!

  • 仕方ねえな……。

  • さて、サトル!今日は結構回ったし、一旦ホテルに戻って近所の屋台でご飯を食べてお休みするし!

  • そうしよう。旅って無理してスケジュールを詰め込んで疲れてしまうということがあるからな。俺の中の旅の格言、「睡眠と食事は絶対に取れ」だ。

  • その通りだし! 10時間は寝たいし!

  • それは寝過ぎ

  • ということで、龍山寺から西門に戻ってきました。

  • で、明日はどこへいくんだ?

  • ふふふふふ、すごい場所を考えているんだし。

  • おおおお! 期待しているぞ!

  • なんだかとっても楽しく、美味しくなってきた二人の台湾の旅。明日はただしがとっておきの場所を予定しているようです。果たしてそこはどこなんでしょうか?

  • つづく

    面白かったらツイートしてね

     

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.