第2話

全3話

動画配信サービスって結局、得なんだし? 第2話

動画配信サービスのオススメコンテンツはこれだ!! 動画配信サービスやHulu,Netflixを交えながらわかりやすく解説

2016/01/18

えいすけこばやし

19

動画配信サービス Hulu Netflix 映画 U−NEXT bTV tutaya TV 海外ドラマ ドキュメンタリー ディスカバリーチャンネル ナショナルジオグラフィック 懐かしのアニメ 懐かしのドラマ アニメ

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 動画配信サービスの存在をがっつりと教えてもらった「ただし」、システムは理解できたのですが、実際にどんなコンテンツがあるのか? それを今回は「ゆりか」が具体的に教えてくれるようですよ〜? ここりゃあ必見だぜ!

  • 動画配信サービス、最高だし! 入会したいし!

  • 入会というか、契約ね。まだ、レンタルDVD店の感覚が抜けていないのね、あんたは。 でもまあ、気持ちはわかるわ。確かに夢のようなサービスよね。

わかる
ワロタ
  • ゆりか氏! この2話は具体的にどんな番組があるのか教えてくれる約束だし!

  • 番組。う〜ん、番組という呼び方はもう違うわね。コンテンツって感じかしら。 番組という呼び方はもう数年で私はなくなると思っているわ。

ふむふむ
わかる
  • 確かにだし……。そんな気がするし。

  • えっとね。まず、各社本当に様々な映像コンテンツを提供しているんだけどね、これは例えば同じファストフード店でも「売り」が多少ながら違うように特徴があるの。

    例えばね、Netflixさんだと、海外ドラマ系に強いわね。また、オリジナルの映像コンテンツも提供しているわよ。 そしてHuluさん。こちらも海外ドラマに強いわね。そして、日本のテレビ局とも提携しているから、昔の日本のアニメやドラマ、バラエティも多く見ることができるし、オリジナルにも力を入れ始めてるわ。で、U-NEXTさんは5社の中で一番料金は高いのだけれど、豊富なアニメ作品、そしてなんといってもあんたが好きそうなアダルト作品も見放題なのが大きいわ。 bTVさんは非常に安く提供しているし、TSUTAYA TVさんは配信のサービスほか、プラスのサービスとして、実際のDVD、CD等の借り放題の特典もついていたり。

ふむふむ
へー
  • うわーーーー! もうどこを選べばいいのかわからなくなってきたし!!

  • そうよね……。まあ、例えば海外の人気ドラマでもHuluでもNetflixでも同じものが見れたりもするから、こればっかりは、サイト、情報誌等で調べて見たいものがやっているところを自分で選ぶしかないわね……。 もちろんお金に余裕があれば極論、すべてのサービスに加入すればいいんだけれどね。なかなかそうもいかないでしょう?

  • 確かにだし……。これはきっとみんな、読者の方もすごく悩むと思うんだし……。あと、純粋な疑問なんだしが、どうして各社、月に大体1000円くらいでこんな見放題のサービスができるんだし? だって、今でも映画は劇場でみたら普通に1500円くらいだしよ、一本。

  • おお、あんたにしてはいいところに気がついたわね。 ええとね、すごく簡単に説明するとね。さっき、「コンテンツ」って言ったでしょ。まさにその考え方なの。日本って今まで地上波のテレビって「番組」として、「流れ」で考えてきたわよね。でもね、その番組番組を「それぞれの商品」として考えるようになってきたのね。例えば、コンビニの種類が違っても同じ商品は売っているわよね。それは、その商品の業者さんが商店に「卸して」いるからよね。 それと考え方としては変わらないわ。

わかる
ふむふむ
  • なるほどだし! わかってきたし!

  • そして、逆に「お店側」も、商品を「買い付ける」わよね。映像コンテンツにもそれと同じことが言えるわね。ただ、正直、日本では今まで地上波の番組が色々な意味で強くて、なかなかその発想には至らなかったのよ。アメリカ等ではもうとっくに地上波のテレビ自体が好きなチャンネルとそれぞれ契約するという「ペイチャンネル」が定着していたのに、日本は選ぶことは今でもできないでしょ?(衛生放送や、ケーブルテレビなどを除く)

  • だし! 日本は遅れていたんだしね。

  • 実はそうなのよ。まあ、これにはここでは書けないくらいの大人の事情もあるんだけどね……。まあ、それはいつかね。話がズレちゃうから。ヒント、スポンサーとの関係。

ワロタ
ふむふむ
www
  • ??? ゆりか氏、最後にスポン……。

ワロタ
わかる
ワロタ
ワロタ
  • いいのいいの、さ忘れなさい! さて、ゆりか様のオススメコンテンツ情報局の始まりよ!

  • うわーーー! すごい! なんか本当にそんなのがあったら面白そう!

  • 本当にってなによ? 実際にこのサイトでやっているんだから本物よ。 そして、絶対に損はさせないチョイスをする自信はあるわよ。

ふむふむ
  • ゆりか氏のセレクトはすごそうだし!! 楽しみだし! 

  • よし! じゃあいくわよ。ちなみに、あらかじめ言っておくことがあるのだけれど、紹介するコンテンツは1社だけの提供の場合もあるし、複数のサービスでも視聴できるものもあるからよろしく〜。

  • 了解したし!!

  • えっとね。まずは海外ドラマ編ね。 最初に紹介したいのは、「ブレイキング・バッド」という作品よ。

わかる
わかる
ふむふむ
  • なんか、悪そうな題名だしねえ?

  • 簡単に訳すと、「ハメを外す」みたいな感じね。

  • どんなお話なんだし?

  • すごいわよー。これは日本の地上波じゃまず放送できないでしょうね。 ある高校の化学の教師、これが結構おじいちゃんに近いくらいの年齢の人なんだけどね、彼が実は余命数ヶ月という宣告受けているの。

  • か、悲しいお話なんだし??

  • と思うでしょ? でもここからがすごい。なんと、その先生が持ち前の化学の知識を使って、なんと! 

  • なんと???

  • 麻薬の生成を始めるのよ……。

  • え????????!! す、すごいし……豪快だし!

  • まあ、豪快というかはわからないけどね。 でね、麻薬って作っても売らないと商売にはならないわよね。

  • そ、そうだしね。多分。

  • いや、それは絶対よ。それが商売の基本よ。 で、それをなんと、自分の学校の生徒と組んで売り始めるの。しかも、それは自分の息子はもちろん、奥さんにも内緒でね。そして、とんでもない額のお金を手にするんだけど、もちろんそういう世界にはライバルや邪魔をする人間もいるわけ、そしてズルズルとその世界に引き込まれていくの。

  • な、なんだし?? その豪快なストーリーは?? 初めてだし! そんなお話。

  • しかも、そんな最高のドキドキのやりとりが、60話以上続くのよ。

  • !!!!??? 絶句だし! みたいし!!! 

  • 是非是非見てちょうだい。とんでもなく面白いから。

  • 他にもオススメはあるんだし? 

  • あのねえ、まだまだ入り口よ。 次はまあ、ある意味大本命、大本命を超えているくらいの存在ね。 ドラマ系のゾンビ映画では最高のヒット作といえるでしょうね、「ウォーキング・デッド」ね。

  • 聞いたことがあるだし!!

  • まあ、この作品については有名すぎる部分もあるから説明をあえてするべきかは悩むわね。 ネタばれにもなってしまいそうだし。

  • 確か、町中がゾンビだらけになって……。

  • まあ、そうね。そして、生き残りをかけた人間模様。それがすごいところね。ゾンビ系のものって、ゾンビが主役になりがちなんだけど、この作品に関しては、ゾンビももちろん大事な位置にいるんだけど、それよりもその周辺の人間模様が楽しいのよね。

  • 見たくなってきた……。

  • あとはね、「アンダー・ザ・ドーム」という作品も素晴らしいわ。ある日、突然小さな街が破壊不可能(だと思われる)透明のドームで覆われてしまうの。街と外部が完全に遮断される。ここまででもすごいんだけどね、遮断された、つまりは孤立すると人はその集団のなかでどう行動するのか? みたいな部分まで描いているのが素晴らしいわ。

  • なんか、それって、小さい頃にアリを瓶の中とかで飼っていた感じだし! それの人間版みたいだし!

  • あ、あんた変なところで鋭いのね……。

  • へ??? そうなんだし?

  • まあ、これも見て欲しいわね。 さて、まだまだゆりかのオススメコンテンツ情報局は続くわよー。

  • 第3話、最終回へ。

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.