僕にもお金くれし!ただしが全米民主主義基金(NED)について考えてみるようです。

全米民主主義基金って何なんだし? 全米民主主義基金や中国,アメリカを交えながらわかりやすく解説

2016/07/01

メリージェーン

1

全米民主主義基金 中国 アメリカ 国際 政治 国民 チベット ウイグル

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 全米民主主義基金(NED)は世界各地の民主化支援を目的に、米レーガン政権の提唱で1983年に設立された団体です。民間の非営利組織ですが、資金の大半は米政府が拠出し、90以上の々で、人権や民主化の推進に取り組む非政府組織や政党などに、毎年1200件以上の助成金を出していると言われています。日本ではあまり知られていないこの団体について、ただしとサトルがわかりやすく解説していきます。

  • 最近また中国に関するニュースが多くなってきた気がするし。

わかる
  • 前からだろ。最近ではどんなニュースを見た?

  • 例えば中国企業がサッカーの名門チームインテルを買収したとか、6月17日に東シナ海上空を南下した中国軍用機に対して、日本の航空自衛隊機が緊急発進した際「上空で近距離でのやり取り」が発生していたとか、いろいろだし。

  • 話のネタは尽きないよな。でも忘れちゃいけないのは、あの国は共産党による一党独裁制の社会主義共和国体制ってことだ。国民を管理するシステムも日本や他の国と異なれば、選挙もほぼ共産党主導あるいは共産党が支持する候補者が選出されるという国なんだ。

  • その辺りは日本やアメリカとかとは全然違うんだし。。

  • 徹底した監視の目を光らせている現状は変わらない。でも経済成長や世界的に中国企業がどんどんプレゼンスを発揮している状況は目を見張るものがあるし、ある意味非常にうまく機能している国と言える。

  • 確かにそうだし。

  • でもその管理統制が行き過ぎて、国民や世界から反感を買うこともしばしばだ。

    例えば、中国国内の障害者差別の撤廃に取り組むNGO「北京益平センター」の事務所に家宅捜索が入って、容疑を告げないまま、約20人の捜査員が一晩かけてパソコンや書類を押収。現場にいたスタッフらは拘束されたそうだ。

  • 何も容疑を告げられないままってのは怖いんだし。 でも特に中国政府に対して悪いことをしている活動はしていないように見えるんだし?

  • 実はこの事件には裏があるんだ。 取り押さえられたスタッフが取り調べを受けた際に、中国当局が同センターの決算書のある収入に着目していることがわかった。

  • い、いったいどういうことなんだし…? ドキドキするし。

  • 内容として歳入の部分の08年7万ドル、09年10万ドルって言う数字だ。 日本円で700~1000万ほどだな。この出どころについて、アメリカワシントンにある組織「全米民主主義基金」から受け取った援助額だったってことが判明したんだ。

  • …全米民主主義基金? 聞いたことないし。

  • 全米民主主義基金はNational Endowment for Democracyの略で、通称NEDって呼ばれてる。

  • 英単語がなんか難しいし。どういう意味だし?

  • 直訳すると、「民主主義のための全国基金」って意味だ。レーガン政権時代の1983年に「他国の民主化を支援する」名目で、公式には民間非営利として設立された基金だ。

  • 民主化支援なんて、いいことだし!!

  • しかしこの組織は、国から資金を受けていて、その内から共和党、民主党、米国商工会議所、アメリカ労働総同盟・産業別組合会議それぞれの関連組織である、国際共和協会(IRI)、全米民主国際研究所(NDI)、国際民間企業センター (CIPE)、米国国際労働連帯センター (ACILS) などに資金を分配してる。

    NEDの代表はアメリカ合衆国社会民主党幹部で実業家のカール・ジャーシュマンと言う人物だ。

  • なかなかの大事だし… どれくらいの金額を受けてるんだし?

  • NED は毎年米国家予算から資金提供を受けていて、そのうちには国務省の米国国際開発局 (USAID) 向けの予算も含まれてる。

    少し古いが、2004年9月の会計年度におけるNEDの歳入は8,010万ドルで、そのうち7,925万ドルが米国政府部局から、60万ドルが他の寄付収入、その他は別の手段による収入だったとのことだ。

  • じゃあ政府と密接な関係なんだし!?

  • もろ繋がってるだろ。 さっきの中国の話に戻すけど、中国政府もこの団体から資金援助を受けていた北京益仁平センターを注視していたんだ。アメリカの回し者じゃないかってね。

  • なんか映画を見ているような話だし。

  • でもこれが現実で起こってる。NED側は、年次報告書などで人権団体などへの支援について公表しているんだが、安全上の配慮から中国などの一部の団体名を伏せている。

  • そうなんだし。他にどんな団体にNEDが援助してるんだし?

  • 公表はしていないが、わかっているものだけでいうと、NEDが中国の民主化や人権問題に関わる団体に支援した総額は、9652万ドル、現在のレートで約106億円。

  • ヒェーー!! 結構な額を裏でこっそり援助していたんだし! しかもさっきの2004年度の歳入額を軽く超えてるしー!

  • 年々活動費が増えていることも事実ということだ。受け取り側も命懸けだろうがな。。人権や民主化に取り組む中国内のNGOなど少なくとも103団体に交付されたらしい。このうちチベット関連の団体には計625万ドル、ウイグル関連の団体には計556万ドルが提供されていた。

    この中には、亡命チベット独立急進派の「チベット青年会議」や亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」など、中国政府が「テロ組織」などと批判する団体もある。

  • 明らかに中国側と対立した姿勢をとってるように見えるんだし。。

  • その通りだ。なかなか物わかりがいいじゃないか。

  • エッヘンだし!!

  • まあ今回は褒めといてやるよ。 中国政府は、他にどこにNEDから援助を受けてる組織があるかわからないから、中国内のすべてのNGOや人権派弁護士らへの取り締まりを強めているんだ。

  • 特定できないからすべて取締っちゃおうとするなんて、思い切ったことするし!

  • そんな軽快に言われてもな。。でもこの規制でNEDの活動が「極めて難しくなっている」のは事実らしい。米国務省は4月に発表した人権報告書で「中国政府はNGOと外国との資金の結びつきを捜査している」と指摘してて、NEDのカール・ガーシュマンも「中国当局による弾圧が強まっているが、人権や少数民族権利保護のために闘っている団体を引き続き支援し、孤立させないことが重要だ」と語ったそうだ。

  • アメリカと中国とでせめぎ合いがあるってことだし。 他の国でも援助とかしてるんだし?

  • 世間で言われてるのは、2014年に香港で起こった民主化デモかな。

  • ああー知ってるしー! 若い学生が中心となって抗議してたのをテレビでも見たし!

  • 香港デモに関して中国政府は、背後に全米民主主義基金がいたんじゃないかって見てるんだ。

  • へーあれにもNEDが絡んでたんだしー!?

  • 憶測だけどな。香港デモのリーダーとして若者を牽引したのが当時18歳になったばかりの黄之鋒。彼は頻繁に香港のアメリカ領事館に出入りしていただけでなく、「カトリック教平和委員会」を通して、活動資金として予め10万米ドルを2012年11月にNEDから受け取ったと、9月26日付の「環球時報」などが書いている。

    環球時報は中国共産党の機関紙「人民日報」系列の新聞だから、あまり鵜呑みにするのも良くないけどな。

  • 若いのに、そんな多額の大金を援助してもらって、なんかかっこいいし、羨ましいし!

  • おいおい、どんどん話の流れがずれてってるぞ。

  • 僕もNEDから資金援助してもらって人権活動家になるし!

  • お前に資金援助してくれる組織があるかよ…

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.