第2話

全3話

仰木マジックでブレイクだし!ただしがイチローに憧れて振り子打法にするようです 第2話

NPBデビューからブレイクまでを見ていくし! イチローやプロ野球,オリックスを交えながらわかりやすく解説

2016/06/24

中本二郎

0

イチロー プロ野球 オリックス ユンケル 仰木彬 NPB 愛工大名電 チチロー MLB カレー

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バッティングセンターで、イチローのすごさについて知るただし。 イチローを目指していて振り子打の真似事をしていましたが、次第にその偉大さに圧倒されます。

  • せっかくプロ野球選手になったのにイチローのスタイルを認めないなんてケツの穴が小さいし!

    このままじゃイチローが芽が出ないまま埋もれてしまうし!

  • 現にそうはなってないだろ。

    野球の実力だけじゃなくて、認められなくても負けない闘志と、状況を破る強運があるから超一流なんだよ。

  • なるほど、僕は強運の部分だけが欠けてるんだし。 悲運の首位打者だし。

  • 酔いどれの首位打者、永淵洋三みたいに言うな。 そもそも実力が微塵もないだろお前は。

    土井監督らコーチ陣と意見の合わなかったイチローは、二軍で首位打者を獲ったり、二軍のオールスターゲームでMVPを獲ったりしたが、それでも一軍に定着できなかった。

  • なにやってんだしーーー!!!

    はやくイチローを一軍にしろし! 間に合わなくなっても知らんし!!!

  • しかも、イチローは二軍オールスターの賞金100万円を神戸市の養護施設に寄付したんだ。

  • すでに大物感満載だし。

  • 入団三年目の1993年、開幕戦に9番センターでスタメン起用される。

  • おぉ! ようやくチャンスが巡ってきたし! でも一番で使えし!!

  • その後、ほぼ控えとしての出場だったが、6月にはプロ入り初ホームランを放つ!

    その相手投手はなんと野茂英雄だ!!

  • ええっ! そんな運命的なホームランがあったんだし!

    そのボール、なんでも鑑定団に持ってったらけっこうな値段になるし!!

  • まぁ、なるだろうな。 しかし打率は1割台と上がらず、再び二軍落ちしてしまう。

  • へえ〜… イチローが三年目までそんな苦戦してたって知らなかったし〜。 子供の頃からずっと首位打者のイメージだったし。

  • そうだなー。 しかし、この二軍生活が、また転機となるのだ。

    二軍コーチ、河村健一郎と二人三脚で振り子打法をついに完成させる!

  • おぉ!! 漫画みたいな展開だし! 王さんなら荒川コーチだし!

  • この年はこの年は打率.37146試合連続ヒット記録している。

    さらに、冬にハワイ・ウインターリーグというアメリカの冬季リーグ戦に参加し、MVPに選ばれたんだ。

  • へぇ! 二軍なのにもう渡米してたんだし! しかもMVPってすごいし!

    ここで大リーグ行きを意識したんだし?

  • そうかもしれないな。

    そこで打った150メートル超えのホームランは、「新幹線ホーマー」と呼ばれた。

  • そのボール、なんでも鑑定団持っていったら…。

  • それはもういい!

  • そして翌年、1994年。

  • おっ、ついに一軍だし?

  • そうだな、オリックスは、その年から仰木彬が監督なった。 この仰木監督が、イチローの才能を見ぬいてすぐに一軍入りさせたんだ。

  • 仰木マジック!救世主が現れたし!

    どうなることかと思ったし!

  • それに、この年、初めて登録名を「鈴木一朗」から「イチロー」にしたのだ。

  • イチロー爆誕だし!!

  • 新井宏昌・打撃コーチの理解も得て、1番打者として1軍に定着。 プロ野球新記録、69試合連続出塁、1試合4二塁打、シーズン最多ヒット191本を更新し、さらに最終的に210本という記録をいきなり打ち立てたんだ!

  • いきなり大ブレイクだし!!

  • それだけじゃない。 124試合終了時まで3割9分まで4割に近づき、最終的には.385でもちろん首位打者。

    最高出塁率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・正力松太郎賞、シーズンMVPとこの年のプロ野球を席巻した。

  • イチロー! 時代は始まったし!!

  • しかし翌95年、年明けに阪神淡路大震災が発生。

  • ああ!その年だし! イチローは無事だったし?

  • イチローも寮で被災した。 オリックスは「がんばろう KOBE」をスローガンに、シーズン開始。

    この年、首位打者・打点王・盗塁王・最多安打・最高出塁率の「打者五冠王」を獲得し、復興する神戸のシンボルとなる。

  • 神がかってるし!!

  • 打点王と盗塁王の同時獲得は日本プロ野球史上、後にも先にもイチローだけ。

    ほか、全試合フル出場での首位打者は王貞治(1969年)に次ぐ史上2人目の快挙だった。

  • いきなり記録打ちたてまくりだし!!

  • 他にもパ・リーグ記録となるシーズン18デッドボール、自身初のリーグ最多敬遠、当時の日本プロ野球タイ記録であるシーズン初回表先頭打者ホームラン5本。

    さらに、二年連続でシーズンMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、正力松太郎賞。

    試合に多く出ているぶん、記録も大量についてまわる。

  • へえ〜、デッドボールまで!

    この記録なら僕も狙えそうだし!

  • もっと腹を出さないと無理だな。

  • なんだし… なぜか、なにもうれしくないし…。

    これじゃ、あらゆる記録がイチローのためにあるようなもんだし!

  • 記録よりも、この年は念願のリーグ優勝を果たした。 これが被災者にとってどれだけ勇気づけられたか。

  • もう完全に覚醒したし。 ユンケルの力だし?

  • 確かにユンケルはCMに出てたけど…。

    あれも、プロ入り前から愛飲していたところから、社員のほうからオファーしたそうだ。遠征に持っていくのに、オーダーメイドのユンケルケースまで持ってるそうだぞ。

  • 最高の宣伝効果じゃないかし! きっとタモリも飲んでるんだし!

  • イチローマニアの川崎宗則が言うには、いつも試合の一時間前に飲むらしい。

  • なんだかコダワリの塊みたいな人だし…。

  • そうだな。偏食家としても有名で、朝はカレーしか食わなかったそうだ。

  • それは聞いたことがあるし!

  • 商魂たくましいし…。

  • 商標の関係で、イチローという言葉は入れられなかったそうだが。

  • うーん…それはどうでもいいし…。 でもちょっと食べてみたい気もするし。

  • そして翌年、96年。 この年も当然、1番スタメンで出場を続け、オールスターゲームで初の先頭打者初球ホームランをぶちかます!!

  • 魅せるし〜〜!!!

  • そして第二戦では、なんとピッチャーとして登板!セ・リーグのバッターはあの、松井秀喜!

  • ええっ!!! いくらオールスターでもすごいことするし! 高校時代以来だし!?

  • その起用に対し、セ・リーグ側の野村克也監督は…

    代打にピッチャーの高津臣吾を送り、ショートゴロという結果になったんだ。

  • ブーーーーーーーーーーー!!!!!!

    なんてしょっぱいことするんだし!!! イチロー対松井、観たいし!!

  • 後にイチローはこう語っている。 「すごくわくわくしていたのに、投手が代打に送られた。はらわたが煮えくり返って、完全に冷めてしまった。相手がピッチャーだったので直球しか投げず、結果はショートゴロだった」

    イチローはメジャーのマウンドに立つことを夢とも語っていて、意外とピッチャーへの執念も残ってるんだ。

  • どんだけだし! 求道者というより、野球が大好きなんだし、この人は!

  • 逆に、ノムさん側も、松井に対し、失礼だよな。打つか?と確認して、松井が嫌です、と言ったから替えたそうだけどな。

    松井からしたら、打っても打たなくてもデメリットしかない。 この時はファンからも大ブーイングだったが、ノムさんの判断は正しかったんだろう。

  • うーん…。

  • この年は、3年連続首位打者、シーズンMVPをはじめ、去年獲った賞をまた総なめし、延長10回からのサヨナラ打で神戸でのリーグ優勝を決める。

    さらに、日本シリーズでも延長10回で決勝ホームランを打ち、まさに前代未聞の大活躍でチームを日本一に導いた。

  • なんかもうこのへんから麻痺してくるし…。

  • たしかに、このへんからイチローがすごいのは常識、みたいになってきて、改めてどうすごいのか忘れちゃいそうだよな。

  • まだまだメジャーリーグ行きは先なんだし?

  • そうだな、2000年に契約して、2001年からだから、ここからあと5年、日本球界を引っ張ることになる。

  • もはや歴史上の偉人だし! それがまだ現役バリバリってどういうことだし!!!

  • つづく!!

仰木マジックでブレイクだし!ただしがイチローに憧れて振り子打法にするようです 第2話
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.