介護の問題は将来みんなに関わる問題だし。ただしが介護難民について学ぶようです。

介護の問題は将来みんなに関わる問題だし。 介護難民やベビーブーム,外国人労働者を交えながらわかりやすく解説

2016/04/09

Oki03

8

介護難民 ベビーブーム 外国人労働者 社会問題 離職率

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日のテーマは「介護難民」です。ついに、ただしが働く決心をしてサトルに相談を持ちかけているようです。 …が。

  • で、どうしたんだ?急に話があるなんて言って、うちへ来て。

  • そうなんだし。実は、働いてみようかと思ってるんだし。

  • おお、いい心構えじゃないか。

  • だから仕事探しを手伝ってもらいたいんだし。

  • もちろんいいぞ。

  • ありがとうだし。

  • でもどうして突然働く気になったんだ?

  • え?働くのが普通じゃないんだし?

  • それが普通のことなら、おまえは今まで普通じゃなかったじゃないか。

  • そんな、失礼だし!

  • まあ働くということが普通かどうかは別にしてさ。

  • 実は、海外に旅行してみたいんだし。

  • へー、どこのに行きたいんだ?

  • それは秘密だし。某アジアの某国とだけ言っておくし。

  • 某が多いな。いったいどこだよ。

  • 秘密だし。

  • じゃあヒントをくれよ。どうしてその国に行きたいんだ?

  • その国では……人々はまったく働かなくても暮らしていけるらしいんだし。

  • ……。

  • 最高だし!

  • でもお前、その国でやっていける確信はあるのか?

  • 正直いって完全なる無計画だし。その国のことも偏った編集をするテレビ番組で知った程度のことだし。

  • お前、それでもいいのか?

  • おおお……

  • へっへっへ!

  • お前そこまで行くと、ニートの鏡だな。

  • おいサトル、ばかにしてるし?

  • いや、気にしないでくれ。さっそく仕事を探しに行くか。

  • ハローワーク

  • 今なら介護職の枠がたくさん空いてますね。

  • だってさ、ただし。

  • やらせてくださいだし!

  • お前、詳細とか聞かなくていいのか?

  • 介護職って何だし?

  • それすらも知らないのか。

  • 簡単に説明すると、要介護者の身の回りの生活をサポートするお仕事ですね。資格が必要な場合もありますが、無資格で働けるお仕事もありますよ。

  • ※本記事では、高齢者や障がい者を含む生活を送る上で介護を必要とする者を要介護者と呼ぶことにします。

  • やってみるし!

  • では登録しておきますね。

  • いい経験じゃないか。今日本では介護難民社会問題になっているからな。

  • 介護難民?

  • 介護を必要としている方はたくさんいるんだが、介護サービスが不足していたり、金銭的な問題があってな。そのため必要な介護を受けられない方たちを介護難民と呼ぶ。

  • 高齢化社会として知られる日本。介護難民が社会問題となった原因のひとつとして、そのお年寄りの数の多さが挙げられます。1947-49年代のベビーブームの影響もあり、今後も高齢者の数は増え続けていくと考えられています。つまり要介護者の数も増していくということになります。

  • お仕事1日目

  • よし!お金を貯めて、怠惰な生活を送るんだし!

  • ハジメマシテ、ニホンジン。

  • ああ、はじめましてだし。確か、ぼくと一緒に今日から働く人だし。

  • ソウデス、ワタシモキョウカラデス。

  • よろしくだし。

  • ヨロシク、ニホンジン。

  • ちょっと、僕の名前はニホンジンじゃなくて、ただしだし。

  • テデシ。

  • ただし。

  • テディッシュ

www
  • ティッシュじゃないし……まぁいいし

www
www
  • ティッシュ、ヨロシク。

www
www
www
www
www
  • 完全にティッシュになってしまったし。まあ、いいし……。

  • キョウハフタリダケ。

  • え!?2人しかいないんだし?

  • ソウダ。ボスガソウイッテイタ。

  • 介護難民問題のもうひとつの原因として、介護職に従事する人の数が、要介護者の数と比較して少ないということが挙げられます。要介護者は増えていくにも関わらず、介護に携わる人材は不足しているのです。政府は人材不足を解決する方法を模索しています。

    人材不足が起きる理由は、その労働に対する対価(お給料)が少ないから、と言われています。報酬が十分でないため、離職率が高くなってしまっているというわけです。

  • これは、忙しくなりそうだし。

  • タイヘンヨ。

  • そういえば、ぼくはあなたのことを何と呼べばいいんだし?

  • アジアン、トデモヨンデクレ。

  • アジアン?なんだかしっくりこないし。

  • カマワナイ。

  • どこの国から来たんだし?

  • アジアノ某国ダヨ。

  • えー!ぼくが行きたい、あの国だし!なんという偶然だし!

  • ワタシノクニ、スキナノカ?

  • ぜひとも訪れたいんだし!

  • カンゲイスルヨ、イイクニダヨ。

  • これはいい人脈をゲットしたし。

  • トモダチ。

  • でもどうして日本に来たんだし?

  • シゴトスルタメ。ガイコクジンロウドウシャ。

  • 介護従事者数の不足を補うための方策の1つとして、海外から労働者を呼び込み介護職に就いてもらうという案があります。もともと、人材が不足している分野のため、日本人の職を奪ってしまう、という問題は回避されると考えられています。

  • は~。海外からも介護の仕事をしに来てるんだし。

  • ソノトオリ。

  • それにしてもうちの現場は2人って、いくらなんでも少なすぎだし!

  • ザンギョウ、ザンギョウ。

  • 介護業界は、実は比較的新しい業界です。そのため、介護の仕事について理解しないまま職に就いてしまい、辞めてしまう、という形が多く見られました。こういった背景があり、仕事内容に見合わない報酬の低さ、が目立つようになったという意見もあるようです。

  • でも、ボスはいい人そうだったし。

  • シゴト、ガンバリマス。

  • ぼくぼ、夢をかなえるためにがんばるし!

  • ガンバロウ、ティッシュ。

  • がんばろうし、アジアンさん。

  • 1ヵ月後

  • ついにはじめてのお給料だし。

  • どうしておれがお前の給料の額を一緒に確認しないといけないんだ。

  • これは歴史的な一瞬だからだし。

  • 言い過ぎだろ。

  • 手渡しでもらったこの封筒。ここに給料がはいっているんだし。

  • いいから早くあけろ。

  • 給料カモン!だし!ビリビリビリッ。

  • おおおー!入ってるし!

  • よかったじゃないか。

  • うれしいし!夢への第一歩だし。

  • おれもちょっとうれしいな。

  • サトルはいくらもらったんだし?

  • おれは今月はXX万円だったな。

  • あれ、ぼくの給料少な目だし。

  • 介護職の給料が低い理由として、資格が必要とされる場合があるにも関わらず、その専門性が未だ社会的に評価されていない、ということが挙げられます。また、介護報酬は政府によって上限が定められているため、雇用者側にとっても賃金を上げることが難しくなっています。

  • よく給料が見合わないってテレビとかでやってるよな。

  • 確かに、ニュースとかでよく見るし。

  • 仕事自体はどうなんだよ?

  • お世話が大変な人も中にはいるんだし。

  • そりゃそうだよな。

  • でも、やりがいは感じるし。

  • そりゃ良かった。

  • でも上司には頻繁に叱れらているし。

  • お前、ちゃんと働いてるのか?

  • 最近では、同僚のアジアンの働きっぷりに圧倒されているんだし。

  • アジアン?人の名前か?

  • 職場の同僚で某国出身者なんだし。

  • 某国ってお前が行きたがってる国か?

  • そうだし。

  • ほんとかよ!職場に偶然、その国の出身者がいたのか!

  • これは奇跡だし。なんらかの力がぼくを某国に招こうとしているんだし。

  • なんだかおれもそう思えてきちゃったよ。

  • おお。もうこんな時間だし。また2週間後にでもサトルに会いに来るし。

  • ああ、仕事とか、某国について話聞かせてくれよ。

  • そして2週間後

  • サトル~~~!クビになっちゃったんだし~~~!

  • どうしてクビになったんだよ?

  • あの同僚のアジアンの働きっぷりがすごくて……。

  • いいことじゃないか。

  • 彼が某国から大量の友人を働き手として呼んだんだし~。

  • あーーー。

  • そしてアジアンが友人たちを指導して、とんでもなく仕事のできる介護集団が結成されたんだし!

  • す…すごいな……

  • アジアンはこういったんだし。

  • モウ、ティシューノヤルコトハナイ。
    トモダチ。イツデモ、某国ウェルカム。

  • ティシューって何だ?

  • ああ。何故かそう呼ばれているし…

  • (なんでだ…)

    まぁ。友達になれてよかったじゃないか。

  • でも、渡航費がないんだし~。

  • まあ、また新しい仕事探せばいいさ。

  • サトル、渡航費くれだし。

  • 絶対にだめだ。

  • 夢の怠惰生活が遠のいてしまったんだし~。

  • また新しい仕事探しにいこうじゃないか。介護職はそれでもまだまだ人手不足なんだ。

  • ところで、なんで某国の人達は働かなくてもいいのにわざわざ日本で働いているんだと思う?

  • そう言われてみれば……何でだし?

  • 働くということは、何もお金のためだけじゃないんだ。日本でこれだけ困っている人がいる。それに貢献出来るということが、彼らにとっては貴重な事なんだろう。きっと。

  • キツイキツイというけれど、困っている人を助けるということは、存在価値を感じることなんだし。少し気持ちはわかるし。

    そして、やりがいだけでキツいことを続けられるというのも日本人にとってはなかなか難しいというのも、わかるし…。

  • そうだなぁ。介護難民問題は、これからの国民全ての問題だ。だから皆の力でこういった環境が改善していかなければならないのかもしれない。

  • そう考えると、課題もあるけど、やりがいがある仕事だし。

  • しかし……その某国はどんなところかわからないけど、ただしの夢見る怠惰生活というのは、日本に出てまで実現する価値のある事なのかな?

  • そう言われてみれば…某国にはアニメも漫画もゲームもないし…働かなくてよくても、やることがないかもしれないし…

  • だろう?働かなくていいという夢は、日本ならではの夢なのかもよ。だから真面目に働けよ。

  • そうだし…

  • やはりこの国を働かなくていい国にするしかないし。サトル。総理大臣になるにはどうすればいいし?

  • こいつ……

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.