世界一エコなカーレース!?世界中の大学や企業が参加するソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」

日本も活躍しているエコなワールド・ソーラー・チャレンジについて学ぶんだし! ワールド・ソーラー・チャレンジやソーラーカー,ブリジストンを交えながらわかりやすく解説

2016/09/17

メリージェーン

0

ワールド・ソーラー・チャレンジ ソーラーカー ブリジストン 国際 再生エネルギー オーストラリア テクノロジー 環境

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いやあ暑いし。

  • 本当だな。

  • サトル、アイス買ってきてくれないかし?

  • はっ?なんでお前のパシリにされなきゃいけないんだ? 自分で買ってこいよ。

  • 全くケチだし。

  • ケチっていうか、当たり前の対応だと思うが。

  • とにかく日差しが眩しいし、強いし。

  • 夏は長い時間照射されてるし、気温も高くて過ごしにくい時期ではあるな。

  • こんなに暑いのも、地球温暖化のせいだし。

  • 温暖化については諸説あるが…。
    お前は地球温暖化の原因が何か知ってるか?

  • バカでもそれくらいは知ってるんだな。

  • 当たり前だし!知ってて当然だし。

  • 二酸化炭素の他にも、メタン、フロン類などの「温室効果ガス」が大量に排出されて、大気中の気温が上昇してしまうんだ。

  • メタンやフロンは知らなかったし。

  • でも温室効果ガスの中でも、地球温暖化に最も大きな影響を及ぼしているのは二酸化炭素って言われてるけどな。

  • この暑さの原因が結果的にCO2のせいなら、この二酸化炭素の排出を食い止める必要があるし!

  • CO2は人間が化石燃料、つまり石油資源を消費することで発生するんだ。

    例えば、自動車などの交通機関、火力発電所、工場を稼働させるための燃料とかに化石燃料は燃やされて使用されて、その結果CO2が排出されるんだ。

  • じゃあ石油資源に頼らずに車とか工場が稼働すればいいんだし?

  • 今世界中で二酸化炭素の排出を食い止めるために、 再生エネルギーを活用して化石燃料から置き換える方法が模索されている。

  • それは素晴らしいし!再生エネルギーって例えば何があるし?

  • 代表的なところでは「太陽光」だな。

  • おおー!
    じゃあ今この夏とか特に太陽光照射されまくってるから、この光を集めてエネルギーに変えるんだし!

  • でもまだ世の中的には進んでいないだろ?
    石油が未だ使用されるのは、太陽光含めた再生エネルギーのエネルギー転換率がまだ劣るからなんだ。

  • つまりどういうことなんだし?

  • まだ石油より使い勝手が悪いってことだ。
    しかしここ数年大手自動車会社では環境に配慮した電気自動車が開発されて、一部利用者に使用されている。

    さらに研究が進めばいずれ、石油資源を使わずに暮らすことも可能になるかもしれない。

  • なるほどだし!それは大事なことなんだし!

  • ワールド・ソーラー・チャレンジ?聞いたことないし。

  • ワールド・ソーラー・チャレンジは、ソーラーカーつまり太陽光のエネルギーで動く車によるレースのことでだ。

    総延長3021kmのオーストラリアの砂漠地帯を北のダーウィンからアデレードまで走破する大会だ。

  • そんな大会があるんだし!?

  • レースの参加者は世界中から集う。
    一番多いのが大学、企業によるチームで、一部では高校生も参加してる。

  • 高校生も参加するなんてすごいし!

  • 1987年に開催されてから、約26年の歴史がある名誉ある大会だ。

    昔は企業チームが優勝していた時期もあったけど、ここ数年は企業の支援を受けた大学のチームが優勝する例が多い。

  • なるほど、企業と大学が一体になってるってわけだし!

  • 2015年の大会では、

    • オランダ・デルフト工科大学
    • アメリカのミシガン大学
    • スタンフォード大学
    • マサチューセッツ工科大学
    • イギリスのケンブリッチ大学

    など世界の有力チームがエントリーしてた。

  • そうそうたる有名大学ばかりだし。日本は参加しないんだし?

  • もちろん参加してるさ。内からは

    • 東海大学
    • 名古屋工業大学
    • 金沢工業大学
    • 工学院大学

    などが参戦した。
    世界25の国と地域から集結する46チームによって競われたんだ。

  • へーなんかかっこいいし!ルールはどんな感じだし?

  • ルールは、総距離3,021キロをどれだけ早く走破できるかを競うんだが、公道でレースが行われるから、ソーラーカーは通常の交通ルールを守らなくてはならない。

  • 一般道を走るんだし?!

  • 他の一般者と並行して、信号守って走るんだ。そしてソーラーカーには最低2人、最大の4人のドライバーを、登録して乗車させる必要がある。

  • 他にはどんな規則があるんだし?

  • あとは運転できる時間が、8:00から17:00とか、バッテリーの容量も、最大でおよそ5キロワット時に相当する重量になるよう、電池の種類ごとに決められてたりもしてる。

  • 確かに太陽が出てない間は運転できないから、一日中は無理だし。。 でも面白そうだし!

  • この大会が開催された歴史は、1980年代にデンマーク出身の冒険家Hans Tholstrupによって提案されたのが始まりだったと言われている。

    彼は冒険家としてだけじゃなく、化石燃料の代替として持続可能なエネルギーの重要性をその頃から認識してたんだ。

  • ほうほう、なるほどだし。。

  • そこから企業の資金援助を受けて世界初のソーラーカーであるQuiet Achieverを開発し、実際に走行させて、太陽光が車両の動力源として利用できることを証明したんだ。

    それで彼の業績をたたえて、世界的に再生エネルギーの機運も高まり、この大会がスタートした。

  • 世界初のソーラーカーを作ったんだし?!その頃から再生エネルギーの重要性を理解してたなんてすごすぎるんだし…

  • お前なんて未だに再生エネルギーの重要性を理解しきれていないのにな。

  • そんなことないしー僕だって早く石油資源を再生エネルギーに置き換えるべきって強く思ってるしー!!

  • お前はただこの暑さを解消したいだけだろ?

  • ギクッ!!ばれたし…

  • 知りたいし!どうなったんだし?

  • 2015年はオランダのデルフト工科大学のNuon Solar TeamのNuna8が優勝、準優勝はトゥウェンテ大学のRed One、3位は東海大学チャレンジセンターの東海チャレンジャーだったんだ。

  • 日本チーム入ってるんだし!さすが技術大国日本だし!

  • でも意外なのはオランダ勢だよな。上位独占してるし、この大会を通して技術力の高さを証明した。

  • まあ世界は広いんだし!日本には次回ぜひ優勝して欲しいんだし!

  • しかし2009年と2011年大会は東海大学が優勝してるんだけどな。日本もかなりの実績はあるってことだ。

  • 優勝してたんだし〜?すごいし!

  • ワールドソーラーチャレンジは2年ごとに開催されるんだ。最近だと2015年に開催されてるから、次大会があるのは2017年だね。

  • そうなんだし、結構先なんだし。
    でも僕も再生エネルギーの重要性をさらに理解したし!これから温暖化を止めるために、CO2の排出を抑える努力をするし!

  • 個人一人一人がこういう取り組みをすることで温室効果ガスの排出は大きく食い止められる。

    お互い節電や環境に配慮した行動をしていこう。

  • そうだし! 僕もワールド・ソーラー・チャレンジにトライしたいし! サトルの力が必要だし!!

  • おぉ、そこまでやる気になったか、まだ募集もしてるみたいだしな。
    まぁ、お前だけじゃ無理だから俺の力は必要だろうな。
    金は出せないが、知恵なら出すぞ。

  • そうだし!
    その頭が必要なんだし!
    そのピカピカのおでこを使えば、効果的にソーラーパワーを集められ…

世界一エコなカーレース!?世界中の大学や企業が参加するソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.