第2話

全2話

ヴィレッジヴァンガードの歴史を学びながらサブカル本屋をつくる 第2話

ヴィレヴァンに負けないし!センスで勝負だし! ヴィレッジヴァンガードや遊べる本屋,サブカルチャーを交えながらわかりやすく解説

2016/10/11

キザみのり

0

ヴィレッジヴァンガード 遊べる本屋 サブカルチャー 経済 小売業 若者向け エンタメ

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いよいよ、ただしのお店「ブスだし」がオープンしました。しかし当初は、ヴィレヴァンと同じく、ほとんどお客さんは来ず閑古鳥状態。しかし、珍しく諦めの悪いただし。仕入れに試行錯誤しながら、サトルにはポップを書かせ、ひたすら「ブスだし」を続けます。すると、徐々にこの「いろいろ売ってるヘンテコな本屋さん」は注目を浴び、ヴィレヴァン同様、一年後には売り上げが急成長。

  • やっほーただしくん、サトルくん。遊びに来たよ。

  • あっ、ゆりっぺ!来てくれてありがとうなんだし~!ボクのこのお店、どう思うし?

  • うーん。ぶっちゃけ最初来たときは、本屋のイメージと違い過ぎて、マジ意味わかんないと思ったけど(笑) 
    今はこのごちゃごちゃしている感じが好き!いろんなモノに出会える感じがワクワクする!

  • はああ!そんなこと言ってもらえるなんて、嬉しいし~!!
    これ、ぜーんぶボクのアイデアなんだし~!

  • 違うだろ、俺のセンス溢れるポップのおか…

  • ビジネスって案外ちょろいんだし~!それともボクが天才なんだし?フゥ~フゥ~!

  • すーぐ調子乗るのな、お前は。

  • まあ立ち上げ何年かはヴィレヴァンも急成長だったんだけどな。

    1988年に名古屋市緑区にて2号店(現在は閉店)、1993年には愛知県長久手町にはEAST店、1995年には名古屋市名東区で、あの「MGミゼット」のマスターから譲ってもらったオープンカーをインテリアにした、PAPA店がオープンしたんだな。

  • ヴィレヴァンの勢いはすごいんだし~!
    そういえば、この前越谷レイクタウンに遊びに行ったときに、ヴィレヴァンにそっくりなロゴの看板のレストランがあったけど、あれはパクリなのかし?

  • あぁ、あれだって立派なヴィレヴァンのビジネスだぜ。腹も減ってきたことだし、ヴィレヴァンの飲食店ビジネス1号店に行ってみるか。

  • 時は2003年。ここは東京都杉並区、阿佐ヶ谷駅前。

  • まあ食いながらでいいから聞けよ。ここを皮切りに、飲食店ビジネスも展開していったヴィレヴァンだが、この年にはJASDAQ上場を果たしたんだ。

  • 要は、成長が期待されているベンチャー企業として世間から評価されたということだ。

  • わーお!どんどん活躍の場が広がっているんだし~!

  • 2007年には中南米やアジアの民芸品・雑貨の販売を手がけている、株式会社チチカカを連結子会社化にしたり。もっとも2016年に売却してしまう運命はまだ誰も知らず…。

  • 他にも、2008年には90ヶ月連続増収を記録したり、2009年にはVillage Vanguard (Hong Kong) LimitedをEra-Bee Limitedと合弁で設立。世界進出まで果たしたわけだ。

  • わぁぁ~!ついに世界に進出…かっこいいし~!!

  • で、さらにタイムスリップして…と。ここが今2010年。大阪証券取引所(現大阪取引所)に吸収合併されJASDAQはヘラクレスやNEOと統合。

  • それに伴いヴィレヴァンも、大阪証券取引所に株式を上場したところだ。その1年後には、株式会社Village Vanguard Webbedが設立。ヴィレヴァン商品のネット通販サービスが始まった。

  • 飲食業に、他の会社を連結に、世界進出に、ネット通販に…盛りだくさんすぎてパニックだし~!

  • まだまだあるぞ。2012年には商品の仕入れにPOSシステムを導入…

  • 事業が大きくなりまくった故、店舗ごとの売り上げデータに基づいた仕入れが必要だから、そういう情報を管理するためのシステムが入ったんだ。

  • で、同じ年には主に「売れ残り品」や「仕入れたのにほとんど売れなかった商品」を格安で販売するアウトレット店舗「ヴィンテージヴァンガード」をイオンモール名古屋みなとに開店。

  • そろそろ現在に近づいてきたのかし?

  • だな。2013年には、「インターネットで僕らが本当に住みたい部屋を探せるようにする」をコンセプトに、まさかのヴィレッジ不動産まで展開。
    翌年には山形県初の店舗がオープン。これにより全都道府県を制覇だ。

  • ひええ~!ヴィレヴァンの天下統一だし!
    よし!ボクの「ブスだし」もどんどん大きくするんだし~!サトル、店に戻ろ!

  • やれやれ、単純なやつだな。

  • 「ブスだし」に戻ってきた、ただしとサトル。店の前にはミカド・テイラーが。

  • んも~ドコに行ってたんだよ~!せっかく、君たちのファービュラスなビジネスを見に来たのにさ!

  • で、お二人さんに話があるんだ。ぼくちんのパパのコネを使って、このファービュラスな店を拡大しちゃいなよ!

  • マジで~!!?ありがとうミカド・テイラー!!これでボクも大成功間違いなし!!
    フゥ~フゥ~!!

  • Yes!パパお気に入りのジュークボックスだって貸してあげるよ!

  • こいつらこんな単純で大丈夫か…。

  • そうこうしているうちに、ミカド・テイラー父のコネで「ブスだし」2号店がオープン。店内には、ウン百万円もしそうなジュークボックスが置かれ、大はしゃぎのただし。

  • いやぁ~なんでこんなに上手くいくのかし?僕にはビジネスの神様がついてるのかし?

  • とりあえずここにレストランと~ あと不動産と~、あ!中古品ショップと~。
    そうだ!映画館と温泉とラーメン屋とゲーセンと…。

  • いや、ただしお前さ。欲張りすぎだぞ。遊べる本屋はどうなったんだよ。とりあえずは目の前にある仕事を頑張ってから、時機を見て別のものに手をつけろよな。

  • うるさいな~社員の分際で文句とは生意気だし!あ、さてはサトル!ボクの成功がうらやましいのかし??この!この!

  • 株価も安定していない。
    サブカルの伝道師としてこの苦境に負けず頑張ってほしいな。
    ただし、お前はこういう歴史から学ぶべきなんだよ。

  • 完全に調子に乗っているただしは、サトルの忠告に逆切れし、つかみかかろうとします。バランスを崩したただしは、そのままジュークボックスの上に…バキイイイイ!!!!

  • ぎゃーーーー!!!ごめんなさいごめんなさーい!!!

  • Oh my goodness!!!
    パパのジュークボックスがバッキバキ!!!パパに殺されるーー!!

  • 俺はもう知らねえ!お前の社員でいるのもウンザリだしな。

  • お気に入りのジュークボックスを破壊されたミカド・テイラー父は大激怒、「ブスだし」2号店は破談に。サトルに愛想を尽かされ、ひとりぼっちのただしは、初代「ブスだし」の経営もできずに、あえなく倒産。

  • うっ…うっ…サトルの言う通りだった…
    菊地氏は、社員の声を大事にしてたから、あそこまでのことができたのに…

  • ボクは調子に乗りすぎてたんだし…でも…もう…ひとりぼっち…うっうっ…。

  • ったく…痛い目に合わないとわかんないのが、お前ってやつだぜ。

  • サトル…!!!戻ってきてくれたのかし…??

  • フッ。お前の可哀想な姿を見るのが俺の喜びだからな。ま、家に帰ってチャーハンでも食うぞ。

  • サトル…見捨てないでくれて…ありがとう…。

  • 「ブスだし」は失敗に終わった ただしですが、なにか大切なことには気づけたかもしれません。

    おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.